過去の記事一覧

  • AN001_L

    介護・医療の資格を取ろう

    お母さんも資格を取りましょう。赤ちゃんと一緒でも活用していける資格であったり、子育てに必要な知識も一緒に勉強するとよいでしょう。 例えば、介護や医療、栄養関連の資格は子育てにもとても役に立ちます。 近年医療系の資格の…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    赤ちゃんと一緒に英会話

    赤ちゃんと一緒に出来る趣味の一つで今やかなり普通にしんとうしているものがあります。 それは英会話や英語といったものです。子供と英語を学びたいという一石二鳥の習い事だからです。 お母さんが英語をできると子供も伸びるとい…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    乳製品に触ると赤くなる

    離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤くなってしまうことがあります。 もしかしたら、乳製品によるアレルギーかもしれません。体質によっては、早くから乳製品を…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    早老症

    遺伝子の異常で起こる、プロジェリア症候群、ハンチントン・ギルフォード症候群、ウェルナー症候群などの総称です。 簡単にいうと、名前にあるように、子供のうちから老化現象が始まってしまう病気です。見た目もそうですが、…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    先天性胆道拡張症

    先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが多く、男の子より女の子の方が4倍多いといわれています。 肝臓と十二指腸との間にある胆管という部分が広がっているため…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    風邪(予防3)

    冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめての寒さなので、場合によってはびっくりして風邪をひきやすい子供もいるでしょう。 昔から頭寒足熱といわれます。お母さ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    風邪(予防2)

    寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人よりも薄着でよいくらいです。母乳をあげているときなども、気が付くと髪の毛が汗でぐっしょりということも少なくありません。汗をか…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    風邪(予防1)

    生まれたばかりの赤ちゃんは、お母さんから免疫をもらっているので、6ヶ月頃までは、病気になりにくいのです。赤ちゃんが大人と一緒に外に出かけられるようになる時期は、ちょうどお母さんからの免疫もなくなるころです。 そ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    マルファン症候群

    体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝です。あとの25%は、突然変異によるものです。日本では現在、患者は二万人いると言われています。 マルファン症候群患…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • AN001_L

    ボツリヌス菌

    日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソーセージ、缶詰め、密封食品などが原因で感染することがあります。普通、真空パックだと安心だと思いがちですがそうではないので…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. AN001_L
    遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
  2. AN001_L
    赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
  3. AN001_L
    成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
ページ上部へ戻る