AN001_L

スポンサードリンク

かわいい赤ちゃんが生まれました。さて住むところも考えてみませんか?

おかあさん

将来住みたいところの、価格帯などの情報を得ておくことも大事ではないでしょうか。

まず、住宅を分類してみましょう。まず、住まい方による分類としては大きく二つに分類されます。

一戸建てと集合住宅です。一戸建には、文字通り、親と子の二世帯が一緒に住まう、二世帯住宅(三世帯住宅もあります)があります。

集合住宅には、いろいろな形式があります。マンション、アパート、長屋、団地・公団住宅、寮・社宅などが主なものです。

赤ちゃんといっしょいるとだいたいが、一戸建てを意識してしまいます。

次に住宅を構造形式による分類をしてみます。

木造住宅、在来工法(木造軸組構法)、2×4工法(木造枠組壁構法)、プレハブ住宅、鉄骨造住宅、鉄筋コンクリート造住宅です。また、付加された機能による分類もできるでしょう。

住宅情報ナビで検索してみよう

まずは住みたい家を探すなら住宅情報ナビでしょうか。

とにかくその情報量はすごいものがあり、比較検討にはもってこいです。

今は高くて手がでない一戸建ても、どのくらいの値段帯かを調べておくのもよいでしょう。

不動産情報ポータルサイトHOME’S

47都道府県における豊富な不動産情報の中から中古マンション、新築一戸建て、中古一戸建て、中古物件、中古住宅、土地など売り出し中の不動産情報を掲載しています。

日本最大級の物件数を掲載する不動産情報ポータルサイトHOME’S(ホームズ)でまずは確認してみましょう。

新築マンション情報サイトマンションDB

やはり住むところは新築に限る、というあなた。

このマンション選びのソムリエ、マンションDBは新築のマンションばかりを集めました。

日本全国、即入居可能なマンションが勢揃いです。

いろいろな住宅形態

高齢化住宅、バリアフリー住宅、モビリティーハウスなどが挙げられます。

伝統的な住宅には、古くからの習慣で、住居が建っている場所や住人の職業などで区別して商家、町家、農家、武家屋敷などと名前もつけられています。

また、住宅の集まりを指して集落、部落、地区などとも言います。赤ちゃん一緒だと安全で衛生的な住まいがいいでしょう。

赤ちゃんと一緒なら、一戸建てとマンションどちらを選ぶでしょうか。

一戸建てとマンションというのは本質的に異なる物件です。

従って、赤ちゃんと一緒なら、どんな物件が良いのか具体的に挙げていくと、どちらがよいかと悩む以前に自ずと選択されてくるものなのかもしれません。

では、集合住宅とは異なるポイントをみてみましょう。

マンションに住んでみるとわかりますが、子供たちがちょっとでもバタバタ暴れただけで、母親などに近所迷惑になると大目玉を食らいませんか。

子供心に、自分の家なのに自由に動けない苦しさがあります。

一戸建てでは、永く住めますからバリアフリーにリフォームしたり、赤ちゃんと一緒の時期から子供の年齢によって住みやすいように手を加えていけるのも利点です。

マンションは気楽です。しかしながら、一言で言ってしまうと、一戸建てを希望する方は土地のもつ資産性と一軒家の自由度・独立感に魅力を感じるのではないでしょうか。

一戸建てを検討している方の中には、ただ漠然としたイメージの良さで一戸建てにこだわる方も多いようですが、資産性というのは立地や将来性等により千差万別です。

メリットだけでなく、デメリットも考えつつ、赤ちゃんと一緒のライフスタイルに合った物件を選んでいきましょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. AN001_L

      XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    3. AN001_L

      点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. AN001_L
      生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. AN001_L
      赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    ページ上部へ戻る