生命保険を考える

スポンサードリンク

新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。

お母さん

実は赤ちゃんと一緒にいるときが、保険に入っている方は、見直しのいいチャンスです。

まずは、赤かちゃんの保険からです。よくいわれるのが、学資保険ですが、結論からいえば、他の方法で代用することも充分できます。

教育資金を捻出するのに、なにも学資保険にこだわらなくても良いわけです。

別の方法で代用する場合を考えてみましょう。すぐに思いつくのが、お金を普通に貯めて学資資金を用意するというものです。

それよりもお母さんが赤ちゃんと一緒にいて一番心配するのは、親に万が一のことがあって働けなくなったときにどうするのかを考える必要がありますね。

終身保険など親が死亡保障のついた別の生命保険に加入していれば、わざわざ学資保険に入らなくても問題ありません。

また、保育園・幼稚園や小学校などで団体の保険を行っていることもあり、こども共済で代用することもできます。

女性のためのボーナス付医療保険「フェミニーヌ」

女性の身体は男性とは大きく異なると思う、女性には男性と異なる病気があると思う、『女性専用の保険』があったら、うれしい・・

まずは無料の資料請求からどうぞ!

DIY組み立てキットで必要な保障額を知る

あなたに必要な保障額はライフステージの変化に応じて変わります。

「DIY 組み立てキット」を使うと必要な保障額の変化と、1年毎に見直すチャンスがある「1年組み立て保険」の保険料がカンタンにわかり、資料請求ができます。

まずは、あなたの今、本当に必要なモノはなにか考えてみるとよいでしょう。

保険の資料、情報を集めましょう。

保険を決める場合も、変える場合も、見直す場合も、とにかく資料がないと比較検討ができません。

アナタの今の状況がだんだんと分かってきたら、ざっと資料、情報を集めてみるとよいでしょう。

保険に入っていたら、見直しチャンスです。

もしアナタが現在、生命保険に入っていたら、それは見直しのチャンスです。

ほとんどの人が、現在入っている保険の内容が分からないのです。そして、見直しをするとなんとすごく安くなることがあります。

もし保険会社が1社の場合、ちょっと危険です。アナタは無駄な保険に入っていませんか?

保険の見直しは、全て無料です。

いろいろな保険を考えてみる

自分でお金を貯めるのが苦痛でなくて、なおかつ別の生命保険に既に入っている場合は学資保険に加入する必要はないのではと思います。

運用面では、株式・債券・不動産投資など金融商品で運用してお金を用意する方法も当然あります。

これは元本割れなどのリスクも伴い、自己責任の面も出てきますので、信頼できる投資信託で運用するということも考えられます。

ですから、赤ちゃんと一緒なら今後は学資保険(こども保険)はあくまでいろんな選択肢のひとつとして考えた方が良さそうです。

各銀行や郵便局には積立貯蓄という制度があり、一般に学資資金作りに利用されることもあります。学資保険は数ある積立貯蓄の中でも教育型の商品に属します。

そして、赤ちゃんと一緒に今後過ごしていくという前提で、積立貯蓄とは、定期的に一定金額を積み立てていくことでお金を貯めたり増やしたりする方法もよくかんがえましょう。

一般的には同じ金融商品にお金を預けていきます。

積立貯蓄の商品はいろいろな種類がありますが、学資保険にはお金を積み立てている親にもしものことがあっても、その後の積み立てが免除されるのに希望したお金は受け取れるという点に他の積立とは大きな違いあります。

つまり、もしもの時に備えてリスクヘッジができることが大きいのです。赤ちゃんと一緒にいるとこの子の将来を真剣に考えてしまうのが親なのです。

このような視点から自分の生命保険も検討していくといいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る