視力回復をしよう

AN001_L

スポンサードリンク

お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰しもが気付きます。

レーシック

視力が悪いとなった場合には、視力を回復させる為にいろいろな方法があります。

トレーニングをしたり、眼鏡やコンタクトを使用して矯正したりと様々な方法があるのですが、一番手っ取り早いのが視力回復手術でしょう。

視力回復手術にもいろいろな種類があります。レーシックは、レーザー角膜屈折矯正手術といい、メガネやコンタクトレンズに代わる視力矯正方法として注目を浴びています。

赤ちゃんと一緒にこれから過ごしていくなら、この最先端の医療技術・画期的な視力回復手術がおすすめです。

視力回復のための無料資料一括請求

レーシック(視力回復手術)を検討するなら「視力回復 レーシック コム」でまずは情報集めです。

レーシック 手術を行う眼科やクリニックに一括で資料請求できるから徹底比較できます。

まずはたくさんの資料を集めて、比較検討をしてみましょう。費用や家から近いというだけではないことが分かると思います。


レーシック資料請求

ad

レーシックや視力回復のいろいろ

また、イントラレーシックは、日本でも導入するクリニックが増えてきた最先端の視力回復手術です。

通常のレーシックに比べ、非常にうすいフラップを作成し、角膜の厚みを十分に残すことができるので、通常のレーシックでは手術が難しかった強度近視の方や、角膜がうすい方の矯正手術が可能な屈折矯正手術です。

さらに、ウェーブフロントレーシックは、強度近視、強度乱視、不正乱視の方に対しても行える場合がある、より質の向上が期待できる視力回復手術です。

他にもクリーンルームレーシックとは、感染症の心配もなく、安定したレーザー照射でより確実で快適な手術を受ける事が出来る、クリーンルームを専用手術室として行われるレーシックです。

これは赤ちゃんと一緒にいても安心ですね。ラセックは、アルコールで角膜上皮部分だけをめくり、上皮部分のみの非常に薄いフラップを作成するため、レーシックを受けられない角膜が薄めの方、強度近視の方、眼の小さい方でも受けられる視力回復手術です。

フェイキックIOLは、人工レンズを角膜と水晶体の間に挿入し、人口レンズで屈折率を大きく変えられるので、ウェーブフロントレーシックやエピレーシックによっても矯正できない最強度近視の方、角膜が薄すぎてレーシックが受けられない方にも対応しています。

他にも赤ちゃんと一緒にいるならとっても便利なレーシックがあります。

PRKはフラップを作らず、直接角膜上皮を除去し、角膜実質層にコンピュータ制御のレーザーを照射して行う、視力矯正手術つまり屈折矯正手術です。RK手術とは、前後面放射状角膜切開術が行われたのが始りの近視矯正手術です。

角膜内リングとは、軽度近視の方や円錐角膜患者の方に、弧状リングを角膜の周辺部に挿入して、角膜の前面のカーブを変えて、近視や遠視を矯正する視力矯正法です。

オルソケラトロジーとは、就寝時に特殊なデザインを施した高酸素透過性ハードコンタクトレンズを装用し、近視や乱視などを一時的に回復させる、手術の必要のない角膜矯正法のことです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. AN001_L

      点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. AN001_L

      斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. AN001_L
      銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. AN001_L
      炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    ページ上部へ戻る