出産後の体を戻す

赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。

産後のダイエット

エステでも、ダイエット系などのコースをまずは体験コースでお安く、お手軽に体験してみではいかがでしょうか。

産後のダイエットが普通のダイエットと違うところは今授乳中ということです。

赤ちゃんに栄養たっぷりのおっぱいをあげるためには、ムリなダイエットは厳禁ということはおわかりだと思います。

産後ダイエットを成功させる一番の方法はこの「授乳」が大きく関わってくるのです。

ここでは、産後ダイエットに成功する授乳の極意を調べてみました。

産後、少しでも早くもとの体型に戻りたい一心で食事の量を減らしてしまったら、どうなると思いますかもちろん、食事の量を減らせば一時的には体重は減ってくると思います。

でもこの時期、一番大事なことは赤ちゃんと一緒にいるのですからおっぱいをあげることです。

それも質の良い栄養いっぱいのおっぱいを赤ちゃんに与えてあげることが第一です。

さて、それでもすぐに元の体に戻したいと思う方もたくさんいると思います。そこで、ダイエットの体験コースや無料体験などお安く手軽にできるコースを探してみました。

エルセーヌ体験コース

エルセーヌ体験予約キャンペーンです。1回で-8cmやせる体験キャンペーン中!

ウエスト、ヒップ、下半身まとめて細く!今ならインターネット限定で1,050円で体験ができる!

サロンエステ・プラソン

ダイエットのスペシャリスト達が技術を終結し誕生したサロンエステ・プラソンがキレイになりたい女性へ特別なエステ・コースをお得なスペシャルプライスで提供中です。

コースを選んで15,000円分の内容が1,000円のお試し価格で体験できるお得なキャンペーンです。

エステティック ミスパリ

やせる専門店、ミスパリダイエットセンターがおくる、やせる技術体験を実施中です。

コースを選んで18,900円分の内容が5,250円のお試し価格で体験できるお得なキャンペーンです。

授乳のメリット

食事の量を減らしてお母さんが必要な栄養を摂っていないと、当然母乳の質も悪くなってしまいます。

赤ちゃんと一緒にいるメリット、それは、赤ちゃんが栄養を取れる手段はお母さんのおっぱいだけなのです。

努力してもなかなかおっぱいの量が増えてこない人もいます。そんな時は粉ミルクを足してあげることも必要ですが、母乳あげるのをやめてしまうとだんだん出なくなってしまいますので、最初はがんばって根気よくあげてみてください。

それに授乳するだけでどのくらいのカロリーを消費すると思いますか。

なんと!1日600~800キロカロリーも消費するそうです。これって筋トレを80分したのと同じくらいだそうです。

やはり赤ちゃんと一緒にいるうえで、赤ちゃんがどんどん上手におっぱいを飲んでくれるようになると、自分もおなかがすく間隔が短くなります。慣れない赤ちゃんのお世話でなかなか間食もする時間なんてないでしょうし、3食しっかり食べても太らないのです。

逆に自然に体重が落ちていきます。しっかり食べることで産後の体の回復も早めてくれます。

そう考えると、授乳は赤ちゃんにとっても自分にとってもいいことだらけです。もちろん個人差がありますし、食事のポイントなどもあります。繊維質をとって、刺激物は控えるなどの注意が必要です。

赤ちゃんと一緒にすごす時のダイエットには十分気をつけましょう。独身のころにしていたダイエットはくれぐれも控えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    2. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    3. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    ページ上部へ戻る