赤ちゃんと一緒に英会話

AN001_L

スポンサードリンク

赤ちゃんと一緒に出来る趣味の一つで今やかなり普通にしんとうしているものがあります。

赤ちゃんと一緒に英会話

それは英会話や英語といったものです。子供と英語を学びたいという一石二鳥の習い事だからです。

お母さんが英語をできると子供も伸びるといわれています。だったら、二人同時にしてはどうでしょうか。

赤ちゃんにとっては、最近早い年齢からの英語教育が盛んになっていますからきっとメリットはあると思います。

言語習得能力が高い子供のうちから始めてバイリンガルに育てたいという声もよく聞きます。

最近の若いお母さん達は英語、英会話がより身近になってきているのでしょう。

でも、週に数時間子供だけ英会話を習ってお母さんとの会話は日本語という環境では難しいものです。

どんな言語の発音でも習得できる能力を持つ赤ちゃんの頃からお母さんが英語で話しかけてみませんか。

ディズニー英語システム

ディズニー英語システムはおうちにいながら、赤ちゃんと英語の楽しさを身につけることができます。

赤ちゃんの脳は、特に言語の部分は3歳までにほぼ完成されると言います。お母さんと一緒に楽しく聞いてみてはいかがでしょう。

まずは無料サンプルをご覧になってはいかがでしょう。

英会話b

英会話bは、表参道、銀座、新宿、渋谷にある、マンツーマンレッスンを提供する、「恋に仕事に忙しい知的好奇心こあふれる女性」のための英会話スクール。

ネイティブ講師と日本人コンシェルジュが親身にサポートしますので安心して続けられるスクールです。

お母さんも英語の勉強をする、いい機会ではないでしょうか。

まずは無料体験レッスンをトライしてみましょう!


ad

赤ちゃんと英語

赤ちゃんと一緒に英語を学べればそれが可能なのです。赤ちゃんはお母さんとの会話の中で言葉を学んでいくものです。

お母さんが何気なく話しかける言葉を英語でできたらどうでしょうか。こんなに手軽で確実な方法はないのではないでしょうか。

日本語の発音だけでなく自然に英語の発音能力も身に付き、早いうちから英語に親しむことができます。

お母さんと赤ちゃんと一緒に英会話を始めてみませんか。巷には数多くの赤ちゃんと一緒に英会話という会話教室があります。

このタイプの英会話教室は、教室というよりサークルの感覚に近いかもしれません。

お母さん達の大半は、赤ちゃんがいると思うように出かけられない。でも何かやりたい、同じような仲間がほしい、赤ちゃんにも自分にも友達がほしいという人がたくさんいると思います。

このような想いをかかえて、家で悶々としているお母さんがほかにもたくさんいるに違いないとおもいます。

ただおしゃべりするだけの会よりも、みんなで何か学んだほうが充実できます。いまや、赤ちゃんと一緒に出来る英会話教室はたくさんあります。

市役所やら、福祉センターやら、公共機関に問い合わせてみましょう。

このような施設には和室などがあり、赤ちゃんと一緒にスキンシップをとりながら英語を学べるものが多いでしょう。

人数もびっくりするほどの人数ではないはずです。だいたい3人から10人くらいの規模でやっているはずです。

受講料もこのような施設でしているものはそれほど高くないはずです。同じ目的をもった人たち、赤ちゃん達ですからお友達になるのも早いと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. AN001_L

      昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    3. AN001_L

      斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. AN001_L
      停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. AN001_L
      胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    ページ上部へ戻る