カテゴリー:遺伝的な症状や心配ごと

  • ウィリアムズ症候群

    遺伝子病です。1961年にニュージーランドのJ.C.P.ウィリアムズという医学博士によって確立されました。 日本では2万人に1人、欧米では1万人に1人の頻度で起こるといわれています。 症状としては…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ダウン症候群

    ダウン症は、出生児のなかではもっとも多い染色体異常で、約1000人に一人の割合で発症します。1866年、イギリスの眼科医J. L. H. Downがこの病気についてまとめたことから名前がつけられました。 ダウン症の人は…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る