遺伝子の異常で起こる、プロジェリア症候群、ハンチントン・ギルフォード症候群、ウェルナー症候群などの総称です。

簡単にいうと、名前にあるように、子供のうちから老化現象が始まってしまう病気です。見た目もそうですが、体の各器官も老化して、さまざまな病気を引き起こします。白髪、皮膚のしわ、白内障、糖尿病、動脈硬化、骨粗鬆症など、高齢者がかかる病気に犯されます。

ウェルナー症候群は、世界各地で約1200例の症例報告がされていて、そのうちの7割が日本人だそうです。日本人では10~20万人に1人に起こります。20歳前後から老化が始まります。平均40歳前後でがんに侵されています。

プロジェリア症候群は世界中で数十名患者さんが存在するまれな病気です。800万人に1人の割合です。幼年発症型の遺伝早老症で、この病気にかかると、通常の10倍で老化が進むといわれ、患者さんの寿命は13歳ぐらいのようです。

ハンチントン・ギルフォード症候群も、幼年発症型の遺伝早老症です。プロジェリア症候群と同じく数少ない難病です。

本来なら成長していくはずの赤ちゃんがみるみる老化していくのはお母さんとしても辛いですね。現在、遺伝子治療の確立に向けて、医療界でも研究が進められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る