体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝です。あとの25%は、突然変異によるものです。日本では現在、患者は二万人いると言われています。

マルファン症候群患者である親から生まれた子どもは、50%の確率で遺伝されます。また、10人に1人の割合で、深刻な症状を伴った子どもが生まれるといった報告もあります。名前は、病気を報告したマルファン博士(Dr. Marfan)に由来します。

10万人に4~6人の割合で発生し、高い身長、細くて長い手足と指、心臓血管系の異常(大動脈弁閉鎖不全、僧帽弁閉鎖不全、解離性大動脈瘤)、側弯症、高口蓋など、結合組織の部分に疾患が生じます。

現在のところ、根治治療はまだないので対症療法です。遺伝性で、さまざまな深刻な症状のある病気で、多くの合併症も起こりますが、注意深い内科的、外科的処置で適切な治療をすることや、生活習慣によって延命は可能になっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    2. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    ページ上部へ戻る