遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝子の突然変異で発症するといわれています。

10,000人~25,000人に1人の割合で発生するといわれます。低身長で、手足が短く太く、大きな頭、背中から腰にかけて湾曲している、腹部の突出、大泉門の癒合遅延などがみられます。

低身長の原因は、骨の成長軟骨の発達が悪いためで、成人男子の平均身長は130㎝、女子では124㎝です。

手は短く、三叉状変形をおこしております。子宮内死亡率は高いようです。特有の外見があるため、遺伝子検査ではなく、見た目あるいはエックス線で診断可能です。

また、ほかの症状として、腰痛、関節痛、無呼吸、中耳炎、水頭症、歩行困難、排泄障害といったさまざまな重大な問題が報告されています。

この病気の赤ちゃんは、筋力が弱い場合が多く、一般に比べると約半年~1年の遅れが生じるといわれています。そのほかにも、中耳炎による言語能力の遅れ、睡眠時無呼吸による注意力散漫による知的な遅れなどが生じてくる場合もあります。

軟骨無形成症は、外見的な問題にとどまらず、さまざまな深刻な症状を抱えた病気なのです。

治療は、現在、根治治療は行われていないので、対症治療になります。成長ホルモンの投与、外科的な治療を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る