ヒルシュスプリング病と呼ばれる先天性の病気です。以前は、巨大結腸症と呼ばれていたそうです。

染色体異常が原因です。腸の動きを調節する「腸管内神経節細胞」が、生まれつきない部分があるために、腸からの刺激が脳に届かないため、自力で排便が出来ない病気です。男の子に多い病気で、5,000人に1人の割合で見られます。

生まれてから、24時間たっても胎便がでなかったり、生まれた時点でおなかがふくらんでいたりするので、すぐに発見できます。ただ、軽症のときは、単なる便秘と見過ごされてしまう場合もあるそうです。程度によって、手術などを行います。

母乳やミルクをすぐに吐いてしまうなど、症状が重い場合、まずは人工肛門をつける手術が必要となります。その後、体重が6~7kgになってから、正常な腸を肛門に引き下ろすための根治手術が行われます。

手術方法は、ソベア法、ドゥハメール法といった方法があり、最近では、腹腔鏡を使ったりして、おなかをまったく傷付けない方法もあるようです。

手術後は、通院して経過を見ます。浣腸や下剤を使い、毎日の排便を習慣にすることが第一歩です。薬も服用していきます。数年、排便訓練を行うことで、普通に排便ができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    ページ上部へ戻る