ヒルシュスプリング病と呼ばれる先天性の病気です。以前は、巨大結腸症と呼ばれていたそうです。

染色体異常が原因です。腸の動きを調節する「腸管内神経節細胞」が、生まれつきない部分があるために、腸からの刺激が脳に届かないため、自力で排便が出来ない病気です。男の子に多い病気で、5,000人に1人の割合で見られます。

生まれてから、24時間たっても胎便がでなかったり、生まれた時点でおなかがふくらんでいたりするので、すぐに発見できます。ただ、軽症のときは、単なる便秘と見過ごされてしまう場合もあるそうです。程度によって、手術などを行います。

母乳やミルクをすぐに吐いてしまうなど、症状が重い場合、まずは人工肛門をつける手術が必要となります。その後、体重が6~7kgになってから、正常な腸を肛門に引き下ろすための根治手術が行われます。

手術方法は、ソベア法、ドゥハメール法といった方法があり、最近では、腹腔鏡を使ったりして、おなかをまったく傷付けない方法もあるようです。

手術後は、通院して経過を見ます。浣腸や下剤を使い、毎日の排便を習慣にすることが第一歩です。薬も服用していきます。数年、排便訓練を行うことで、普通に排便ができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る