遺伝的な病気で、血液を固める凝固因子が一部欠乏しています。出血しやすく、出血すると血が止まりません。凝固因子の遺伝子は、X染色体にのっているので、X連鎖遺伝病になります。ふつうは男の子だけに発病します。

ひじやひざの関節にない出血がおこり、最初はむずむずするなどの違和感を感じます。そのうち、はれて強く痛むようになります。繰り返し関節内出血をおこすと関節が変形し、最終的には曲げ伸ばしができなくなることもあります。

血漿(けっしょう)の中の血液凝固因子は12種類あります。それぞれに番号がふられていていて、このうち8番目の凝固因子が欠乏しているのが血友病A、9番目の凝固因子が欠乏しているのが血友病Bです。日本での患者数は、血友病Aは3,000人、血友病Bは500人とされていますが、治療法は同じです。

欠乏している凝固因子の製剤を静脈注射する補充療法が基本です。関節内出血を繰り返し、関節が変形したり拘縮した場合は、装具療法を行います。以前、凝固因子製剤でHIV感染がおこりましたが、現在は安全な過熱処理製剤になっています。

ただ、長い間投与していると、補充している凝固因子の効果が薄れ、出血が止まらないといったケースも報告されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る