遺伝的な病気で、血液を固める凝固因子が一部欠乏しています。出血しやすく、出血すると血が止まりません。凝固因子の遺伝子は、X染色体にのっているので、X連鎖遺伝病になります。ふつうは男の子だけに発病します。

ひじやひざの関節にない出血がおこり、最初はむずむずするなどの違和感を感じます。そのうち、はれて強く痛むようになります。繰り返し関節内出血をおこすと関節が変形し、最終的には曲げ伸ばしができなくなることもあります。

血漿(けっしょう)の中の血液凝固因子は12種類あります。それぞれに番号がふられていていて、このうち8番目の凝固因子が欠乏しているのが血友病A、9番目の凝固因子が欠乏しているのが血友病Bです。日本での患者数は、血友病Aは3,000人、血友病Bは500人とされていますが、治療法は同じです。

欠乏している凝固因子の製剤を静脈注射する補充療法が基本です。関節内出血を繰り返し、関節が変形したり拘縮した場合は、装具療法を行います。以前、凝固因子製剤でHIV感染がおこりましたが、現在は安全な過熱処理製剤になっています。

ただ、長い間投与していると、補充している凝固因子の効果が薄れ、出血が止まらないといったケースも報告されています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る