女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYとなる性染色体が、Xだけという性染色体異常です。

2000~2500人に1人の割合で発症し、症状としては、新生児のときに、手足のリンパ性浮腫(はれぼったくなること)から始まります。陰核が大きかったり、首のつけ根の皮膚がたるんでいたりします。

5歳を過ぎたころから低身長が目立ち、140cmぐらいで止まってしまうことが多いようです。思春期以降は、月経や乳房のふくらみがないなどの二次性徴の遅れ、卵子がつくれないための不妊などの卵巣機能不全がみられます。

根本的治療はまだありませんが、ホルモン治療で、症状の改善は可能とされています。低身長に対しては、成長ホルモン投与、二次性徴の遅れに対しては、女性ホルモンの投与が行われます。

大きな合併症がなければ、育児や学校生活も普段と変わりなくできますが、思春期以降は、精神面のケアが必要となるでしょう。時期を見ながら、専門医とよく相談しながら、精神的なケアが大切です。

病気の名前は、1938年、この病気について初めてまとめたアメリカのヘンリー・ターナー医師にちなんでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    2. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る