女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYとなる性染色体が、Xだけという性染色体異常です。

2000~2500人に1人の割合で発症し、症状としては、新生児のときに、手足のリンパ性浮腫(はれぼったくなること)から始まります。陰核が大きかったり、首のつけ根の皮膚がたるんでいたりします。

5歳を過ぎたころから低身長が目立ち、140cmぐらいで止まってしまうことが多いようです。思春期以降は、月経や乳房のふくらみがないなどの二次性徴の遅れ、卵子がつくれないための不妊などの卵巣機能不全がみられます。

根本的治療はまだありませんが、ホルモン治療で、症状の改善は可能とされています。低身長に対しては、成長ホルモン投与、二次性徴の遅れに対しては、女性ホルモンの投与が行われます。

大きな合併症がなければ、育児や学校生活も普段と変わりなくできますが、思春期以降は、精神面のケアが必要となるでしょう。時期を見ながら、専門医とよく相談しながら、精神的なケアが大切です。

病気の名前は、1938年、この病気について初めてまとめたアメリカのヘンリー・ターナー医師にちなんでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    ページ上部へ戻る