XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。

妊娠初期に流産した受精卵を調べると、その大部分に染色体異常があるそうです。染色体異常をもって生まれてくる赤ちゃんは、全体の0.6%といわれています。つまり、染色体異常があるとその多くは妊娠中に流産してしまうのです。

染色体には、たくさんの遺伝子がのっているので、染色体異常をもって生まれてきた赤ちゃんは遺伝子を余分に持っていたり、逆に不足しているということなので、発達の遅れや知的障害があったりといった全身的な症状がでてくるのです。

染色体異常は、染色体の突然異変によるもので、誰にでも起こる可能性があるものだそうです。

XXX症候群は、性染色体がXXXと1本多く、軽度の知的障害がみられます。約1000人に一人の割合で生まれるといわれます。

軽い知的障害がみられるだけで、ほかに症状はありません。外陰部や卵巣、子宮、膣に異常はなく、二次性徴もほとんどがふつうに現れます。妊娠・出産も可能で、その子どもの大部分は正常な染色体を持って生まれます。

卵細胞が減数分裂するときに、性染色体のXXが分離しなかったことが原因とされています。母親の高齢出産で生まれる頻度が高いといわれています。
ふつう、治療の必要はありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    ページ上部へ戻る