XYY個体とは、男性にのみみられる性染色体異常です。Y染色体が1本多く、高身長が特徴です。約1000人に一人の割合で生まれると言われます。

身長が著しく高いのが特徴といわれ、この性染色体を持つ成人の約80%が180cm以上だったという報告があります。出生時の身長は平均的なので、思春期に急速に伸びると考えられます。

軽い言語発達の遅れがみられたり、正確が凶暴で反社会的行動をとる傾向があるとも言われますが、異論もあり、はっきりとしたことは分かっていません。

突然変異でおこります。Y染色体には身長を高くする遺伝子があるので、高身長になると考えられます。多くの人は、ふつうに日常生活を送っていますし、治療の必要もありません。

染色体異常とは?

人間のからだは、22組44本の常染色体と性染色体からできています。親の細胞は減数分裂をして、精子と卵子は1本ずつの染色体を持っています。受精すると、精子と卵子はそれぞれの染色体をもちより、これが子どもの染色体になるのです。

染色体異常とは、この染色体に、数的な異常、構造的な異常、構成の違う染色体が混じってしまうといった、なんらかの異常が起きることをいいます。

大部分の染色体異常は、染色体の突然異変によるものだといわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    ページ上部へ戻る