ダウン症は、出生児のなかではもっとも多い染色体異常で、約1000人に一人の割合で発症します。

1866年、イギリスの眼科医J. L. H. Downがこの病気についてまとめたことから名前がつけられました。

ダウン症の人は、21番染色体が1本過剰で3本あります。21番染色体は最も小さい常染色体のため、
それに乗っている遺伝情報も少ないためか、比較的他の染色体のトリソミーよりも軽度の先天異常です。したがって、
正常に生まれて来る頻度が高いのです。

症状としては、つり上がった眼、鼻が低いこと、耳が小さい、舌が大きい、歯が不揃い、顎が短い、手足が短い、臍ヘルニア(でべそ)、
小陰茎、先天性股関節脱臼などがみられます。特徴ある顔立ちをしているので、生後すぐに発見できます。

有効な治療法はありませんが、様々な合併症の可能性があります。
専門医と共に今後の療育方針などをしっかり相談して行くことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    ページ上部へ戻る