ダウン症は、出生児のなかではもっとも多い染色体異常で、約1000人に一人の割合で発症します。

1866年、イギリスの眼科医J. L. H. Downがこの病気についてまとめたことから名前がつけられました。

ダウン症の人は、21番染色体が1本過剰で3本あります。21番染色体は最も小さい常染色体のため、
それに乗っている遺伝情報も少ないためか、比較的他の染色体のトリソミーよりも軽度の先天異常です。したがって、
正常に生まれて来る頻度が高いのです。

症状としては、つり上がった眼、鼻が低いこと、耳が小さい、舌が大きい、歯が不揃い、顎が短い、手足が短い、臍ヘルニア(でべそ)、
小陰茎、先天性股関節脱臼などがみられます。特徴ある顔立ちをしているので、生後すぐに発見できます。

有効な治療法はありませんが、様々な合併症の可能性があります。
専門医と共に今後の療育方針などをしっかり相談して行くことが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る