新生児低カルシウム血症

赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害を伴わない、上肢中心のけいれんが特徴です。

出生後48時間以内に発生する早発型低カルシウム血症と生後1週間前後に発症する晩発型低カルシウム血症があります。

早産、お母さんが糖尿病、新生児仮死、低出生体重児、帝王切開の場合に発生率が高くなります。

低出生体重児の場合は、血清カルシウムが一時的に低下することが多く、それに伴いテタニー症状を引き起こす場合があります。

症状としては、けいれん、無呼吸、不整脈などがあります。泣くと症状が悪化する場合があるので、泣かせない工夫が必要です。

症状の程度に応じて、グルコン酸カルシウムの点滴や乳酸カルシウムの内服でカルシウム投与などの治療がなされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る