新生児低カルシウム血症

赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害を伴わない、上肢中心のけいれんが特徴です。

出生後48時間以内に発生する早発型低カルシウム血症と生後1週間前後に発症する晩発型低カルシウム血症があります。

早産、お母さんが糖尿病、新生児仮死、低出生体重児、帝王切開の場合に発生率が高くなります。

低出生体重児の場合は、血清カルシウムが一時的に低下することが多く、それに伴いテタニー症状を引き起こす場合があります。

症状としては、けいれん、無呼吸、不整脈などがあります。泣くと症状が悪化する場合があるので、泣かせない工夫が必要です。

症状の程度に応じて、グルコン酸カルシウムの点滴や乳酸カルシウムの内服でカルシウム投与などの治療がなされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    ページ上部へ戻る