新生児低カルシウム血症

赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害を伴わない、上肢中心のけいれんが特徴です。

出生後48時間以内に発生する早発型低カルシウム血症と生後1週間前後に発症する晩発型低カルシウム血症があります。

早産、お母さんが糖尿病、新生児仮死、低出生体重児、帝王切開の場合に発生率が高くなります。

低出生体重児の場合は、血清カルシウムが一時的に低下することが多く、それに伴いテタニー症状を引き起こす場合があります。

症状としては、けいれん、無呼吸、不整脈などがあります。泣くと症状が悪化する場合があるので、泣かせない工夫が必要です。

症状の程度に応じて、グルコン酸カルシウムの点滴や乳酸カルシウムの内服でカルシウム投与などの治療がなされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る