新生児低カルシウム血症

赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害を伴わない、上肢中心のけいれんが特徴です。

出生後48時間以内に発生する早発型低カルシウム血症と生後1週間前後に発症する晩発型低カルシウム血症があります。

早産、お母さんが糖尿病、新生児仮死、低出生体重児、帝王切開の場合に発生率が高くなります。

低出生体重児の場合は、血清カルシウムが一時的に低下することが多く、それに伴いテタニー症状を引き起こす場合があります。

症状としては、けいれん、無呼吸、不整脈などがあります。泣くと症状が悪化する場合があるので、泣かせない工夫が必要です。

症状の程度に応じて、グルコン酸カルシウムの点滴や乳酸カルシウムの内服でカルシウム投与などの治療がなされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    2. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    3. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    ページ上部へ戻る