新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な、早産児・低出生体重児や病的新生児が対象とされます。通常、新生児科のある大きな病院に備わっています。

Neonatalは新生児の、intensive care unitは集中治療室を意味します。新生児集中治療室には施設基準が定められていて、医師は、常に治療室内に勤務していなければならず、当直は、ほかの病棟と兼任してはいけないことになっています。

部屋は、最近などの感染を予防するために、厳重に管理されていて、赤ちゃんは一人ずつ保育器の中で、安心して治療を受けています。

全国的にはNICUの設備を備えた病院はまだ少ないようです。NICUを必要としている人は年々増加していて、NICUのある病院には、ほかの病院や産院からたくさんの赤ちゃんが送られてくるそうです。

現在、東京以外の県では、設備が不十分な地域があります。年々、NICUの必要性は高まっていることを考えると、早急な対応が求められています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る