おぎゃーと生まれてくるのが元気な赤ちゃんの証拠ですが、この出産のときに何らかの原因があって、心不全や呼吸不全が起こる状態を指します。

赤ちゃんの細胞に酸素が行かない状態ですから、重大な障害を引き起こすことがあります。喫煙者、妊娠中毒症、多胎妊娠などの場合には、胎盤早期剥離(お母さんと赤ちゃんをつなぐへその緒がはがれてしまうこと)が起こり、新生児仮死に陥ることがあります。

赤ちゃんが呼吸をしないで酸素が送れないでいると、脳が低酸素状態になってしまい、脳に障害を残すこととなってしまう場合があります。

できるだけ早く呼吸を始めることが重要となります。産声を上げなくても、心臓がしっかり動いているときは、背中をさすったり叩いたりすることで刺激を与え、呼吸を促します。また、鼻や口から羊水などを吸引することで呼吸することもあります。この程度なら軽度なので、その後は、経過を見て処置はしなくても大丈夫な場合が多いです。

刺激や吸引だけでは呼吸を始めないときは、酸素マスクを付けたり、気管内にチューブを入れて直接気管に酸素を送ります。

重度の場合は、心臓の動きも低下してくるので、人工呼吸器を付けて、心臓マッサージを行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る