血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを指します。

下血は、生まれてから数日後に黒っぽいタール状の便が出ます。また、真っ赤な血液や、コーヒー色の血液を吐くこともあります。そのほかに、おへそからの出血、皮下出血などがあります。ときには、皮膚に紫斑が現れることもあります。

新生児にのみ起こるので新生児出血性疾患などとも呼ばれます。母乳には含まれていないので母乳だけの赤ちゃんに起こりやすいようです。生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内細菌の働きが未熟なため、ビタミンKを自分でつくれません。つくれるようになるには数日かかるため、生後24時間から5日くらいの間に一過性のビタミンK欠乏症となって出血するのです。

新生児メレナを起こした新生児には、ビタミンK2注射をします。ほとんどが2~3日でよくなりますが、たまに重症になった場合でも、輸血をすれば治ります。

現在では予防のために、生後まもなくと数週間たってから更に1度、シロップによるビタミンKの摂取が推奨されています。そのため、発症する赤ちゃんはとても少なくなっているようです。しかし、これは任意なので費用は個人負担となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 先天的な病気です。その名のとおり、先天的に胆道が拡張している病気です。子供のときに見つかることが…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る