血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを指します。

下血は、生まれてから数日後に黒っぽいタール状の便が出ます。また、真っ赤な血液や、コーヒー色の血液を吐くこともあります。そのほかに、おへそからの出血、皮下出血などがあります。ときには、皮膚に紫斑が現れることもあります。

新生児にのみ起こるので新生児出血性疾患などとも呼ばれます。母乳には含まれていないので母乳だけの赤ちゃんに起こりやすいようです。生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内細菌の働きが未熟なため、ビタミンKを自分でつくれません。つくれるようになるには数日かかるため、生後24時間から5日くらいの間に一過性のビタミンK欠乏症となって出血するのです。

新生児メレナを起こした新生児には、ビタミンK2注射をします。ほとんどが2~3日でよくなりますが、たまに重症になった場合でも、輸血をすれば治ります。

現在では予防のために、生後まもなくと数週間たってから更に1度、シロップによるビタミンKの摂取が推奨されています。そのため、発症する赤ちゃんはとても少なくなっているようです。しかし、これは任意なので費用は個人負担となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…

    ピックアップ記事

    1. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る