心室中隔は、心臓にある4つの部屋(右心房、右心室、左心房、左心室)のうち、下の部分にある右心室と左心室のを仕切る壁のことです。
この壁に穴が開いた状態が心室中隔欠損症です。

右心室は全身から戻った血液を、肺動脈を通して肺に送る役割をしており、
左心室は肺から戻ってきた酸素をたっぷり含む血液を大動脈を通じて全身に送り出す重要な働きをしています。

この右心室と左心室に穴があいていると、左心室から右心室へ血液が流れ込み、せっかく酸素を含んだ血液が大動脈ではなく、
肺へと送られることになり、結果的には酸素を含む血液が全身に行き渡りにくくなります。

穴が開いているかどうかは、生後まもなく心臓を聴診すると雑音によって判断できます。

穴が大きい場合は、生後1、2か月頃から脈が速い、呼吸が速い、寝汗をかく、手足が冷たい、ミルクを飲むのがしんどい、
といった症状がみられます。また、長期的にみると、心臓や肺にかなりの負担がかかりますので、のちのち重大な病気を引き起こしてしまいます。

そのため、重症の場合は手術が必要です。軽症の場合は自然に治ることもありますので、主治医の先生と経過をみていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る