カテゴリー:その他の症状など

  • 貧血2

    貧血を診断するには、採血をして、血液中の赤血球の数を数えたり、血色素の量を測ります。出生後は、赤血球の数も血色素量も多めですが、日が経つにつれて変化して行き、だいたい赤血球の数で380~550万/ml、 血色素量(ヘモ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 貧血1

    赤ちゃんはお母さんの胎内で鉄分をもらい、それを肝臓で蓄えて生まれてきます。その鉄を原料にして血液をつくります。発育が著しい赤ちゃんはどんどん鉄を必要としますが、鉄分の蓄えが少ない未熟児や、 母乳や人工乳からだけでは鉄分…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 脳性まひ

    脳性まひとは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる間か、生まれて間もない間に、何かの原因が脳に加わったために、 運動機能が障害された状態をいいます。脳の損傷による症状は、運動、知的能力、てんかん、行動面など多岐にわたりま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ネフローゼ症候群2

    ネフローゼ症候群の診断には、尿検査や血液検査が行われます。また、 腎生検といって腎臓の細胞を細い針で採取して組織を顕微鏡で詳しく調べる検査も重要です。腎生検でネフローゼの原因、また糸球体の障害がどれだけ痛んでいるか分か…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ネフローゼ症候群1

    ネフローゼ症候群というのは、腎臓の機能が低下し、本来なら出ないはずのたんぱく質が尿の中に排出されてしまって、 体がたんぱく質不足になり、いろいろな症状が出てくる病気です。子供のネフローゼ症候群は、突然起こる原発性ネフロ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 熱性痙攣2

    赤ちゃんに痙攣が起こった時は、静かに寝かせ、身体をゆったりさせましょう。 着ている物が窮屈そうならおなかの辺りだけでも緩めてあげてください。赤ちゃんに痙攣が起きたときは、口の中に物を入れる事・大声をかけたりゆすぶったり…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 熱性痙攣1

    熱性痙攣(ねつせいけいれん)とは、高熱がでたときに未成熟な赤ちゃんの脳が刺激され、 けいれんを起こしてしまう症状のことを言います。一般的には6ヶ月以後から5歳くらいまでに起り、良性で後遺症はないと考えられています。一時…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 乳幼児突然死症候群(SIDS)

    乳幼児突然死症候群は、SIDS=Sudden Infant Death Syndromeの頭文字をとって、 こう呼ぶこともあります。元気な赤ちゃんが、寝ている間に突然死亡してしまう原因不明の病気です。現在のところ、事故…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • てんかん

    脳の神経細胞になんらかの理由で異常な興奮が起こり、それが脳のいろいろな部分に影響を与え、意識、知覚、 運動に異常が出るのがてんかんです。生後4ヶ月~7ヶ月の赤ちゃんが起こすてんかんは「点頭てんかん」と呼ばれ、カクンと何…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 痙攣

    生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ脳の発達が未熟です。そのため、刺激によって脳が刺激され、痙攣(けいれん)をおこす事があります。 痙攣とは、意識の喪失を伴うものです。赤ちゃんは、刺激に対して、痙攣のような反応をすることが…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    ページ上部へ戻る