骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がともに減少する病気です。一般的な貧血症状のほかに、赤血球が減少するため、さまざまな感染症にかかりやすくなります。また血小板減少による出血傾向が現れます。頭蓋内出血や感染を起こすと生命がおびやかされる危険があります。

血液をつくる骨髄がおかされ、赤血球、白血球、血小板が減少しておこります。原因は不明ですが、薬剤や化学物質が関与している可能性もあります。また、自己免疫疾患ではないかとも考えられています。

乳幼児には少なく、学童に多く、ファンコニー貧血などの先天性のもの、肝炎後に起こすもの、突発的に起こるものがあります。

再生不良性貧血になると、顔色が悪い、活気がなくなる、ちょっとぶつけただけであざができるなどの症状が出ます。

肝炎後や突発的に起きた場合は、軽症の時は、経過を観察するだけの場合もあります。中等度以上は、まず免疫抑制薬を使います。硬貨が出ない場合や重症の時は、造血幹細胞移植を行います。

先天性の場合は、造血幹細胞移植になる場合が多いようです。

日常では、打撲やけがを避けるなど、出血や感染にたいしての細やかな心配りが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    ページ上部へ戻る