AN001_L

スポンサードリンク

高温と水分不足が原因でおこります。主に手や足の筋肉のけいれん(熱けいれん)や軽い失神(熱失神)などの軽症のものから、激しいめまいや疲労感のある状態を経て、生命に危険がおよぶ全身の臓器障害(熱射病)にいたります。

熱けいれんは、汗をたくさん出しているにもかかわらず、水分を補給しなければ、体の電解質バランスが崩れてしまうために起こります。

汗をたくさんかくことで、血液が濃縮され、心臓に負担がかかると激しいめまいや疲労症状を引き起こします。

さらに、症状が進むと体温調節ができなくなり、汗も出せない状態になり、体温が急激に高くなってしまいます。高熱、脱水、意識障害が起こり、生命が危険になります。

赤ちゃんは進行が速いため、何よりも予防が大切。炎天下で長時間過ごしたり、わずかな時間でも締め切った車内に赤ちゃんを放置することは絶対にやめましょう。処置としては、まず涼しい場所で仰向けにねかせ、ぬれタオルなどで体を冷やし、水分はほしがるだけ与えましょう。そして、すぐに受診しましょう。

すでに意識がなく、水分も飲めない、体温も下がらないなどの熱射病になっている場合は、すぐに病院に行かなければいけません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. AN001_L

      生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. AN001_L

      風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. AN001_L
      熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. AN001_L
      処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る