肝臓に発生するがんで、ほとんどが2歳以下で発病します。45%は、1歳前の赤ちゃんで、80%は4歳前に発症するといわれています。

肝芽腫の数%は、先天性の病気や異常をともなうことが分かっていて、最近では、低出生体重の赤ちゃんに発症しやすいことが分かっています。今のところ肝芽腫の発生を予防することはできません。低出生体重の場合は、早期に病気を発見するために、定期的な受診が必要となります。

おなかにしこりをふれるようになります。初期には、肝臓病の特徴的な症状である黄疸がほとんど見られません。肝臓部分(おなかの右側、あるいは真ん中あたり)にしこりをふれるようになります。進行すると、食欲不振、体重減少、貧血などの症状が現れます。

この病気は、血液中にアルファ・フェトプロテインというたんぱく質がふえるのが特徴で、これが診断の手がかりになります。

肺に多く転移しやすく、腹部のリンパ節や骨などにも転移します。肺に転移した場合でも、化学療法と積極的な手術が行われます。

治療法としては、手術でがんにおかされた肝臓の一部を切除し、何種類かの抗がん剤を組み合わせた化学療法を併用します。

予後は、2年生存率が80~90%となっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    2. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る