いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。

はっきりとした原因は解明されていません。コリックの語源は、結腸を意味するコロン(colon)に由来し、日本では臍疝痛(さいせんつう)と訳されるように、はげしく泣くのが特徴です。

1ヶ月~3ヶ月ぐらいの赤ちゃんが、午後から夕方にかけて、おなかが痛いかのように激しく泣く場合は、コリックの可能性があります。お母さんが夕飯の支度でちょうど忙しくなる夕方に、特別の理由もないのに泣き続けます。

特に治療は必要とはされず、効果のある手立てもあまり発見されていません。1割から3割ぐらいの赤ちゃんに見られますが、半年を過ぎるとなくなります。

ただ、赤ちゃんはずっと上を向いて寝ているため、肩や腰などの筋肉が硬く緊張して、痛みがあるのでなくのではないかと考えられていて、その場合は、硬めのベットや畳の上にうつぶせにして、二本の指で背骨にそって軽く指圧してあげると、機嫌がよくなる場合もあるそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る