子どもだけにみられるてんかんで、手足や体を屈曲させるような何秒間かの発作を繰り返します。生後3ヶ月~1歳に発症します。なんの前触れもなく突然発作を起こすこともあれば、胎児期や新生児期に、脳にダメージを与えたために起こることもあります。

発達の遅れを起こすことが多い病気です。知的障害を起こすことが多いので、早期発見で発作を止めることが大切です。また、ウエスト症候群レノックスなどの難治性てんかんが残ることもあります。

眠りから覚めたときや、少し眠くなったときに起こり、手足を急につっぱらせたり、頭をこくんと下げて手を上下に動かしたり、うなずくような動作をします。数分間に何回も繰り返され、さらには、1日に何回も繰り返します。

脳の電気的活動の異常が脳内に広がる病気です。脳波検査では、ヒプスアリスミアという特徴的な脳波がみられます。また、CT検査やMRI検査では、脳の中に原因となる奇形や過去に受けたダメージがあるかを調べます。

治療は、発作を早く止めることが重要で、大量のビタミンB6の投与や、抗てんかん薬、副腎皮質刺激ホルモン薬を使用します。しかし、発症前の発達が正常で、治療して1ヶ月以内に発作が消失するならば、治ることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る