子どもだけにみられるてんかんで、手足や体を屈曲させるような何秒間かの発作を繰り返します。生後3ヶ月~1歳に発症します。なんの前触れもなく突然発作を起こすこともあれば、胎児期や新生児期に、脳にダメージを与えたために起こることもあります。

発達の遅れを起こすことが多い病気です。知的障害を起こすことが多いので、早期発見で発作を止めることが大切です。また、ウエスト症候群レノックスなどの難治性てんかんが残ることもあります。

眠りから覚めたときや、少し眠くなったときに起こり、手足を急につっぱらせたり、頭をこくんと下げて手を上下に動かしたり、うなずくような動作をします。数分間に何回も繰り返され、さらには、1日に何回も繰り返します。

脳の電気的活動の異常が脳内に広がる病気です。脳波検査では、ヒプスアリスミアという特徴的な脳波がみられます。また、CT検査やMRI検査では、脳の中に原因となる奇形や過去に受けたダメージがあるかを調べます。

治療は、発作を早く止めることが重要で、大量のビタミンB6の投与や、抗てんかん薬、副腎皮質刺激ホルモン薬を使用します。しかし、発症前の発達が正常で、治療して1ヶ月以内に発作が消失するならば、治ることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る