エイズ(乳児HIV感染症)

いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液、膣分泌液、母乳が感染源で、唾液感染や昆虫媒介感染はありません。

母親が感染していて、胎児、新生児、乳児に感染することを母子感染といいます。母子感染は、体内で胎児に移る「胎内感染」、衆参時や出産直後にうつる産道感染、母乳から感染する母乳感染があります。

3つの経路から感染することから、母子感染の頻度を高めています。
子宮内での感染は確立が低くて3割程度ですが、経膣分娩(けいちつぶんべん)で生まれると、その家庭で母親の血液にふれて感染する可能性があります。その場合の発症率は約3割です。母乳感染は、乳児は免疫の体の仕組みがきちんと発達していないため、感染しやすいといえます。初乳から母乳を介して感染が起こります。

妊娠中の検査で、母親が陽性であれば、帝王切開で出産します。赤ちゃんは出生直後に3回の沐浴(もくよく)、耳の穴の洗浄、胃の洗浄、超の洗浄をして母親の血液をよく洗い流し、予防のために薬剤を投与します。

その後は小児科で、定期的に血液検査をしながら経過をみていきます。妊娠中に有料または無料で検査します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 夜も朝も暑い夏に、乳児にみられる高体温のことです。しばしば朝から午前中に発熱し、午後には熱が下が…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る