陰嚢水腫とは、おちんちんの根元にある袋の部分、陰嚢に液体がたまり、大きくふくらんでしまう症状です。ほとんどの場合は、片方だけですが、両方の陰嚢におこることもあります。

胎児(赤ちゃん)がお母さんのおなかにいるときは、睾丸は赤ちゃんのおなかの部分にあります。出産が近づくと、腹膜鞘状突起という通路を通って、睾丸が下りてきて、陰嚢に収まります。

何らかの原因で腹膜鞘状突起がふさがらず、あいたままになっているために起こります。約6%の赤ちゃんにみられ、多くの場合は1歳過ぎには自然に治ってしまいます。鼠径ヘルニアも併発しやすいので注意が必要です。

陰嚢が膨れていて、触るとぶくぶくして動きます。ですが痛みはないようです。痛みがあったり、大きさが変化するときは、腸が陰嚢まで出てきているヘルニアの可能性があります。

陰嚢を懐中電灯で照らしたとき、光が透き通っていれば、陰嚢水腫です。透けて見えないときは、ヘルニアが疑われます。

ヘルニアと確実に区別するには、超音波検査が行われます。
赤ちゃんなら約90%、乳児なら約80%は、成長するにつれて水の通り道が閉鎖されて治癒します。
2歳を過ぎてしまうと、自然治癒する可能性が低くなるので、手術が必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…

    ピックアップ記事

    1. 女児(女性)だけに発症する、染色体異常の代表的な病気。特に性染色体異常が認められます。本来XYと…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    ページ上部へ戻る