陰嚢水腫とは、おちんちんの根元にある袋の部分、陰嚢に液体がたまり、大きくふくらんでしまう症状です。ほとんどの場合は、片方だけですが、両方の陰嚢におこることもあります。

胎児(赤ちゃん)がお母さんのおなかにいるときは、睾丸は赤ちゃんのおなかの部分にあります。出産が近づくと、腹膜鞘状突起という通路を通って、睾丸が下りてきて、陰嚢に収まります。

何らかの原因で腹膜鞘状突起がふさがらず、あいたままになっているために起こります。約6%の赤ちゃんにみられ、多くの場合は1歳過ぎには自然に治ってしまいます。鼠径ヘルニアも併発しやすいので注意が必要です。

陰嚢が膨れていて、触るとぶくぶくして動きます。ですが痛みはないようです。痛みがあったり、大きさが変化するときは、腸が陰嚢まで出てきているヘルニアの可能性があります。

陰嚢を懐中電灯で照らしたとき、光が透き通っていれば、陰嚢水腫です。透けて見えないときは、ヘルニアが疑われます。

ヘルニアと確実に区別するには、超音波検査が行われます。
赤ちゃんなら約90%、乳児なら約80%は、成長するにつれて水の通り道が閉鎖されて治癒します。
2歳を過ぎてしまうと、自然治癒する可能性が低くなるので、手術が必要となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    2. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る