ウイルムス腫瘍とは、腎臓に発生するがん(胃がん)で、2~3歳ころまでの子どもに発病します。おなかのふくらみが特徴です。
停留精巣、尿道下裂など泌尿器系の奇形を持っていることがあります。

腫瘍がかなり大きくなるまで、症状はあまり現れません。最初はおなかのふくらみで気づきます。しこりの表面は、平らでやわらかいことが多いようです。腹痛や血尿をともなうこともあり、不機嫌になったり、嘔吐、便秘、貧血、食欲不振などの症状が現れます。
肺に転移し、せきや呼吸困難を起こすことがあります。

腎芽腫(じんがしゅ)とも呼ばれます。胎児期に腎臓ができる過程で、細胞がなんらかの原因で変化して腫瘍が発生すると考えられています。また家族に同じ病気がみられ、遺伝的な素因が認められる場合もあります。多くの場合、腎臓の片方にできますが、左右両側にできることもあります。

1~2歳までに半数、3歳までに80%が発病しているそうです。

検査は、X線検査、腹部エコー、CT検査、MRI検査、血液検査、尿検査などを行います。

治療は、摘出手術をし、その後、放射線療法、化学療法を併用します。ウイルムス腫瘍の場合、腫瘍は膜で覆われているので、比較的摘出しやすいことが多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…
    2. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る