ウイルムス腫瘍とは、腎臓に発生するがん(胃がん)で、2~3歳ころまでの子どもに発病します。おなかのふくらみが特徴です。
停留精巣、尿道下裂など泌尿器系の奇形を持っていることがあります。

腫瘍がかなり大きくなるまで、症状はあまり現れません。最初はおなかのふくらみで気づきます。しこりの表面は、平らでやわらかいことが多いようです。腹痛や血尿をともなうこともあり、不機嫌になったり、嘔吐、便秘、貧血、食欲不振などの症状が現れます。
肺に転移し、せきや呼吸困難を起こすことがあります。

腎芽腫(じんがしゅ)とも呼ばれます。胎児期に腎臓ができる過程で、細胞がなんらかの原因で変化して腫瘍が発生すると考えられています。また家族に同じ病気がみられ、遺伝的な素因が認められる場合もあります。多くの場合、腎臓の片方にできますが、左右両側にできることもあります。

1~2歳までに半数、3歳までに80%が発病しているそうです。

検査は、X線検査、腹部エコー、CT検査、MRI検査、血液検査、尿検査などを行います。

治療は、摘出手術をし、その後、放射線療法、化学療法を併用します。ウイルムス腫瘍の場合、腫瘍は膜で覆われているので、比較的摘出しやすいことが多いようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…

    ピックアップ記事

    1. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    ページ上部へ戻る