赤ちゃんはお母さんの胎内で鉄分をもらい、それを肝臓で蓄えて生まれてきます。その鉄を原料にして血液をつくります。

発育が著しい赤ちゃんはどんどん鉄を必要としますが、鉄分の蓄えが少ない未熟児や、
母乳や人工乳からだけでは鉄分が足りなくなってくるため、離乳ができていない赤ちゃんは不足してきます。それで貧血になる事があります。

赤ちゃんは血液を作り出す力が弱く、離乳食を食べ始める頃にならないと、鉄分を上手く利用できません。そのため、
妊娠中に母体からもらってストックしてある鉄分が頼りです。妊娠中も食事に気をつけてください。

特別な病気をのぞき、赤ちゃんにみられる貧血は、材料である鉄が不足したために起こる「鉄欠乏性貧血」です。
治療は鉄剤を飲ませるなどといった、補充療法が行われます。

一番簡単に貧血を見分ける方法は、赤ちゃんの下のまぶたをちょっと引っ張って、「あかんべー」をしてみることです。まぶたの内側、
結膜の色が赤かったら、心配はないでしょう。ママの結膜と比べてみて下さいね。逆に「白っぽく」見えるようでしたら、
乳児健診の機会などに相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    ページ上部へ戻る