赤ちゃんはお母さんの胎内で鉄分をもらい、それを肝臓で蓄えて生まれてきます。その鉄を原料にして血液をつくります。

発育が著しい赤ちゃんはどんどん鉄を必要としますが、鉄分の蓄えが少ない未熟児や、
母乳や人工乳からだけでは鉄分が足りなくなってくるため、離乳ができていない赤ちゃんは不足してきます。それで貧血になる事があります。

赤ちゃんは血液を作り出す力が弱く、離乳食を食べ始める頃にならないと、鉄分を上手く利用できません。そのため、
妊娠中に母体からもらってストックしてある鉄分が頼りです。妊娠中も食事に気をつけてください。

特別な病気をのぞき、赤ちゃんにみられる貧血は、材料である鉄が不足したために起こる「鉄欠乏性貧血」です。
治療は鉄剤を飲ませるなどといった、補充療法が行われます。

一番簡単に貧血を見分ける方法は、赤ちゃんの下のまぶたをちょっと引っ張って、「あかんべー」をしてみることです。まぶたの内側、
結膜の色が赤かったら、心配はないでしょう。ママの結膜と比べてみて下さいね。逆に「白っぽく」見えるようでしたら、
乳児健診の機会などに相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る