貧血を診断するには、採血をして、血液中の赤血球の数を数えたり、血色素の量を測ります。

出生後は、赤血球の数も血色素量も多めですが、日が経つにつれて変化して行き、だいたい赤血球の数で380~550万/ml、
血色素量(ヘモグロビン)で9・5~14・5mg/dlと言ったところに落ち着きます。

気を付けなければならない時期は、離乳中期(7―8か月)以降です。この時期、離乳食の回数と量が増える一方、
発育に必要な鉄分の量も増え、鉄分不足になる“条件”が整いがちになります。

積極的に鉄分の多い食事をとるようにしましょう。鉄分の栄養所要量は、1歳未満で1日当たり6mg、1―2歳で同7mgです。

卵・レバー・ほうれん草・ひじきなど鉄分やタンパク質の多い食品を摂るようにしてください。
カボチャやニンジンに含まれるベータカロチンや果物に多いビタミンCは、鉄分の吸収をよくするので、一緒に食べましょう。

また、妊娠中の方も、貧血に注意をしましょう。鉄分が不足すると赤ちゃんの発育不良、未熟児や早産になりやすくなります。
また産後の母乳の出にも影響します。元気な赤ちゃんを産み、育てるためにも、大人の食生活も見直してみましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    2. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る