脳性まひとは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる間か、生まれて間もない間に、何かの原因が脳に加わったために、
運動機能が障害された状態をいいます。

脳の損傷による症状は、運動、知的能力、てんかん、行動面など多岐にわたりますが、脳性マヒは、
特に運動面で障害のあるものに対して使われます。

脳性マヒにはいくつかのタイプがあり、一番多いのは「痙直型」です。これは、筋肉がかたくて手足が突っ張り、
曲げることが出来なくなります。

次いで多いのは「アテトーゼ型」という自分の意思と関係なく体が動いてしまうタイプです。

この障害は、2歳くらいまでに固定して、症状は進行しません。知能障害を伴わないものも25%くらいあります。

生後半年くらいまでの赤ちゃんのときに、脳性マヒを発見し、リハビリテーションを始めると、
脳性まひによる症状を軽くすることができます。首がすわる、座れる等個人差がありますが、次の点に注意してみましょう。

自分で身体を動かすことが少なかったり、生後2カ月から3カ月になっても手をいつも握ったまま開かなかったり、
筋緊張が強く身体を反り返えらせたりする時は、脳性まひを疑います。

また、乳児健康診査の時に少しでも疑いがもたれたら、かかりつけの小児科医に相談して、専門の施設を紹介してもらい、
診断と訓練を受けたほうがよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る