スポンサードリンク

脳性まひとは、赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる間か、生まれて間もない間に、何かの原因が脳に加わったために、
運動機能が障害された状態をいいます。

脳の損傷による症状は、運動、知的能力、てんかん、行動面など多岐にわたりますが、脳性マヒは、
特に運動面で障害のあるものに対して使われます。

脳性マヒにはいくつかのタイプがあり、一番多いのは「痙直型」です。これは、筋肉がかたくて手足が突っ張り、
曲げることが出来なくなります。

次いで多いのは「アテトーゼ型」という自分の意思と関係なく体が動いてしまうタイプです。

この障害は、2歳くらいまでに固定して、症状は進行しません。知能障害を伴わないものも25%くらいあります。

生後半年くらいまでの赤ちゃんのときに、脳性マヒを発見し、リハビリテーションを始めると、
脳性まひによる症状を軽くすることができます。首がすわる、座れる等個人差がありますが、次の点に注意してみましょう。

自分で身体を動かすことが少なかったり、生後2カ月から3カ月になっても手をいつも握ったまま開かなかったり、
筋緊張が強く身体を反り返えらせたりする時は、脳性まひを疑います。

また、乳児健康診査の時に少しでも疑いがもたれたら、かかりつけの小児科医に相談して、専門の施設を紹介してもらい、
診断と訓練を受けたほうがよいでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    2. AN001_L

      貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. AN001_L

      ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    2. AN001_L
      春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    3. AN001_L
      血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る