ネフローゼ症候群2

ネフローゼ症候群の診断には、尿検査や血液検査が行われます。また、
腎生検といって腎臓の細胞を細い針で採取して組織を顕微鏡で詳しく調べる検査も重要です。

腎生検でネフローゼの原因、また糸球体の障害がどれだけ痛んでいるか分かります。

治療は安静と食事療法が大事です。塩分を控え、肉類や魚類、牛乳などの良質の蛋白をとらせます。そして、
薬物療法として主にステロイド剤を用います。

また、ネフローゼでは血が固まりやすくなっているため、血を固まりにくくする薬(抗血小板剤や抗凝固剤)も併用されます。

ネフローゼは、むくみなどの症状がよくなってきても、尿検査や血液検査を参考にしながら治療を続ける必要があります。
慢性の病気と言ってよく、また再発も起こる可能性のある病気ですから、主治医と連携を取りながら根気よく治療を続けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    3. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    ページ上部へ戻る