ネフローゼ症候群2

ネフローゼ症候群の診断には、尿検査や血液検査が行われます。また、
腎生検といって腎臓の細胞を細い針で採取して組織を顕微鏡で詳しく調べる検査も重要です。

腎生検でネフローゼの原因、また糸球体の障害がどれだけ痛んでいるか分かります。

治療は安静と食事療法が大事です。塩分を控え、肉類や魚類、牛乳などの良質の蛋白をとらせます。そして、
薬物療法として主にステロイド剤を用います。

また、ネフローゼでは血が固まりやすくなっているため、血を固まりにくくする薬(抗血小板剤や抗凝固剤)も併用されます。

ネフローゼは、むくみなどの症状がよくなってきても、尿検査や血液検査を参考にしながら治療を続ける必要があります。
慢性の病気と言ってよく、また再発も起こる可能性のある病気ですから、主治医と連携を取りながら根気よく治療を続けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る