ネフローゼ症候群1

ネフローゼ症候群というのは、腎臓の機能が低下し、本来なら出ないはずのたんぱく質が尿の中に排出されてしまって、
体がたんぱく質不足になり、いろいろな症状が出てくる病気です。

子供のネフローゼ症候群は、突然起こる原発性ネフローゼ症候群が多いのですが、原因はまだわかっていません。

腎臓の中には糸球体(しきゅうたい)と呼ばれる毛細血管の固まりのような組織があり、
血液の中の老廃物や余分な水分をろ過し尿を作る働きをしています。

ネフローゼになるとその糸球体が障害され、たくさんの蛋白が尿に排泄されてしまいます。
このときに体に起こってくる病状をネフローゼ症候群と呼びます。

たくさんの蛋白が尿から出て行くため、血液中の蛋白質が不足し、体のむくみ、尿量の低下が起こります。

血液の中に蛋白が不足している状態が続くと肝臓がそれを補おうとして蛋白を合成しはじめ、
さらにコレステロールや中性脂肪などが蛋白と結合した「リポ蛋白」
という物質も作ってしまうため血中のコレステロールが上昇する高脂血症という状態になります。
また血の中の凝固機能(血を固まらせる機能)の異常も生じ、体の静脈や動脈に血栓(血の固まり)が生じやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る