ネフローゼ症候群1

ネフローゼ症候群というのは、腎臓の機能が低下し、本来なら出ないはずのたんぱく質が尿の中に排出されてしまって、
体がたんぱく質不足になり、いろいろな症状が出てくる病気です。

子供のネフローゼ症候群は、突然起こる原発性ネフローゼ症候群が多いのですが、原因はまだわかっていません。

腎臓の中には糸球体(しきゅうたい)と呼ばれる毛細血管の固まりのような組織があり、
血液の中の老廃物や余分な水分をろ過し尿を作る働きをしています。

ネフローゼになるとその糸球体が障害され、たくさんの蛋白が尿に排泄されてしまいます。
このときに体に起こってくる病状をネフローゼ症候群と呼びます。

たくさんの蛋白が尿から出て行くため、血液中の蛋白質が不足し、体のむくみ、尿量の低下が起こります。

血液の中に蛋白が不足している状態が続くと肝臓がそれを補おうとして蛋白を合成しはじめ、
さらにコレステロールや中性脂肪などが蛋白と結合した「リポ蛋白」
という物質も作ってしまうため血中のコレステロールが上昇する高脂血症という状態になります。
また血の中の凝固機能(血を固まらせる機能)の異常も生じ、体の静脈や動脈に血栓(血の固まり)が生じやすくなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. 冬生まれの子供は、寒い時期に生まれたので、慣れが早いようです。でも春や夏生まれの赤ちゃんははじめ…
    3. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    ページ上部へ戻る