赤ちゃんに痙攣が起こった時は、静かに寝かせ、身体をゆったりさせましょう。
着ている物が窮屈そうならおなかの辺りだけでも緩めてあげてください。

赤ちゃんに痙攣が起きたときは、口の中に物を入れる事・大声をかけたりゆすぶったりする事は絶対にしてはいけません。
昔は舌をかむといいましたが、そんなことはなく、口への刺激と大声で、脳にさらに刺激を加えることになります。絶対に止めましょう。

また、吐き気がありそうなら、仰向けではなく、横向きに寝かせて、吐いたものがのどにつまらないようにします。

そして、落ち着いたら、高熱を下げるため、首の両側を冷やしてあげましょう。

赤ちゃんが高い熱になってしまった時は、首の横を両側とも冷やすことが熱性痙攣の予防になります。熱性痙攣は、
脳に流れる血液の温度が上がることにより引き起こされるので、脳にいく血液の温度を下げてやれば、熱が高くても脳を適温に保てます。

赤ちゃんの首の両脇を触ると、ドキドキと血液が流れるのがわかると思います。そこが首の動脈=脳にいく血液の流れですので、
タオルでくるんだジュース缶などで冷やします。ヒヤッとしてしまうと、嫌がることも多いので、きちんとタオルで包んであてて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 成虫は大腸、とくに虫垂に寄生して、虫垂炎をおこしたり、その卵が尿道や膣に感染して炎症を起こします…
    2. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る