熱性痙攣(ねつせいけいれん)とは、高熱がでたときに未成熟な赤ちゃんの脳が刺激され、
けいれんを起こしてしまう症状のことを言います。

一般的には6ヶ月以後から5歳くらいまでに起り、良性で後遺症はないと考えられています。一時的に意識を失い、
手足を硬直させる様子から「引きつけ」とも呼ばれます。

あかちゃんが高熱を出していても、徐々に上がった高熱では、ひきつけはおこりません。小さい子どもの熱は急に出ます。この「急に」
上がる熱に対応できないで起こすのが「ひきつけ」といわれる痙攣の症状です。

脳が成長していくにつれ、段々と起こさなくなります。熱性痙攣なら良性で、それだけで死亡することはありません。

赤ちゃんが痙攣をおこした時には、慌ててしまいますが、次の点だけは把握してメモを取り、
医師に正しく伝えることが診断の重要な情報になります。

痙攣の状態:何分間おこっていたか。手足と目の様子はどうか。

一般には、眼は白眼になり、意識がなく、身体や両方の手足を硬直させてがたがたと震わせます。
痙攣発作は5分以内に自然に治まるといわれます。

熱性けいれんの場合、左右対称に震え、腕を曲げて足を突っ張る形が多く、痙攣が治まったら体温を測りましょう。

5分以内の痙攣で、痙攣後も意識や顔色、元気があり水分補給も出来るようなら、慌てて救急車を呼ぶことはないでしょう。
夜なら翌日一番にかかりつけ医に診てもらえば大丈夫です。

赤ちゃんの痙攣が1日に2回以上起きたとき、両手でなく片側だけの痙攣、痙攣後に意識を回復しない場合はすぐに受診してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    2. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    3. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    ページ上部へ戻る