熱性痙攣(ねつせいけいれん)とは、高熱がでたときに未成熟な赤ちゃんの脳が刺激され、
けいれんを起こしてしまう症状のことを言います。

一般的には6ヶ月以後から5歳くらいまでに起り、良性で後遺症はないと考えられています。一時的に意識を失い、
手足を硬直させる様子から「引きつけ」とも呼ばれます。

あかちゃんが高熱を出していても、徐々に上がった高熱では、ひきつけはおこりません。小さい子どもの熱は急に出ます。この「急に」
上がる熱に対応できないで起こすのが「ひきつけ」といわれる痙攣の症状です。

脳が成長していくにつれ、段々と起こさなくなります。熱性痙攣なら良性で、それだけで死亡することはありません。

赤ちゃんが痙攣をおこした時には、慌ててしまいますが、次の点だけは把握してメモを取り、
医師に正しく伝えることが診断の重要な情報になります。

痙攣の状態:何分間おこっていたか。手足と目の様子はどうか。

一般には、眼は白眼になり、意識がなく、身体や両方の手足を硬直させてがたがたと震わせます。
痙攣発作は5分以内に自然に治まるといわれます。

熱性けいれんの場合、左右対称に震え、腕を曲げて足を突っ張る形が多く、痙攣が治まったら体温を測りましょう。

5分以内の痙攣で、痙攣後も意識や顔色、元気があり水分補給も出来るようなら、慌てて救急車を呼ぶことはないでしょう。
夜なら翌日一番にかかりつけ医に診てもらえば大丈夫です。

赤ちゃんの痙攣が1日に2回以上起きたとき、両手でなく片側だけの痙攣、痙攣後に意識を回復しない場合はすぐに受診してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る