乳幼児突然死症候群(SIDS)

乳幼児突然死症候群は、SIDS=Sudden Infant Death Syndromeの頭文字をとって、
こう呼ぶこともあります。

元気な赤ちゃんが、寝ている間に突然死亡してしまう原因不明の病気です。現在のところ、事故や窒息が原因ではないと言われていますが、
うつ伏せ寝の乳幼児に多く起こるデータもあるようです。

平成16年においては日本では232人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっており、1歳未満の乳児の死亡原因の第3位です。

原因ははっきりしていませんが、以下の事項を守るといいといわれています。

1、赤ちゃんを寝かせるときは、あおむけ寝にしましょう。
(お医者さんから特別な指示があって、うつぶせ寝が必要な場合は、その限りではありません。)

2、妊娠中、赤ちゃんの近くで、喫煙しない。たばこは、乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の大きな危険因子になっています。

3、可能な限り、母乳育児を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    2. オウム病

      オウム病は、人蓄共通感染症の一種で、家の中で飼っている鳥の糞などからうつる病気です。 人蓄…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    ページ上部へ戻る