乳幼児突然死症候群(SIDS)

乳幼児突然死症候群は、SIDS=Sudden Infant Death Syndromeの頭文字をとって、
こう呼ぶこともあります。

元気な赤ちゃんが、寝ている間に突然死亡してしまう原因不明の病気です。現在のところ、事故や窒息が原因ではないと言われていますが、
うつ伏せ寝の乳幼児に多く起こるデータもあるようです。

平成16年においては日本では232人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっており、1歳未満の乳児の死亡原因の第3位です。

原因ははっきりしていませんが、以下の事項を守るといいといわれています。

1、赤ちゃんを寝かせるときは、あおむけ寝にしましょう。
(お医者さんから特別な指示があって、うつぶせ寝が必要な場合は、その限りではありません。)

2、妊娠中、赤ちゃんの近くで、喫煙しない。たばこは、乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の大きな危険因子になっています。

3、可能な限り、母乳育児を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…
    2. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. 乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る