乳幼児突然死症候群(SIDS)

乳幼児突然死症候群は、SIDS=Sudden Infant Death Syndromeの頭文字をとって、
こう呼ぶこともあります。

元気な赤ちゃんが、寝ている間に突然死亡してしまう原因不明の病気です。現在のところ、事故や窒息が原因ではないと言われていますが、
うつ伏せ寝の乳幼児に多く起こるデータもあるようです。

平成16年においては日本では232人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっており、1歳未満の乳児の死亡原因の第3位です。

原因ははっきりしていませんが、以下の事項を守るといいといわれています。

1、赤ちゃんを寝かせるときは、あおむけ寝にしましょう。
(お医者さんから特別な指示があって、うつぶせ寝が必要な場合は、その限りではありません。)

2、妊娠中、赤ちゃんの近くで、喫煙しない。たばこは、乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の大きな危険因子になっています。

3、可能な限り、母乳育児を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る