乳幼児突然死症候群(SIDS)

乳幼児突然死症候群は、SIDS=Sudden Infant Death Syndromeの頭文字をとって、
こう呼ぶこともあります。

元気な赤ちゃんが、寝ている間に突然死亡してしまう原因不明の病気です。現在のところ、事故や窒息が原因ではないと言われていますが、
うつ伏せ寝の乳幼児に多く起こるデータもあるようです。

平成16年においては日本では232人の赤ちゃんがこの病気で亡くなっており、1歳未満の乳児の死亡原因の第3位です。

原因ははっきりしていませんが、以下の事項を守るといいといわれています。

1、赤ちゃんを寝かせるときは、あおむけ寝にしましょう。
(お医者さんから特別な指示があって、うつぶせ寝が必要な場合は、その限りではありません。)

2、妊娠中、赤ちゃんの近くで、喫煙しない。たばこは、乳幼児突然死症候群(SIDS)発症の大きな危険因子になっています。

3、可能な限り、母乳育児を。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…

    ピックアップ記事

    1. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    ページ上部へ戻る