脳の神経細胞になんらかの理由で異常な興奮が起こり、それが脳のいろいろな部分に影響を与え、意識、知覚、
運動に異常が出るのがてんかんです。

生後4ヶ月~7ヶ月の赤ちゃんが起こすてんかんは「点頭てんかん」と呼ばれ、カクンと何回もうなずくような発作を起こします。
この場合はすぐ医師に診てもらいましょう。

いちばん大きな発作は「けいれん」です。そのほかに、「一瞬だけ意識を失う」「急にボーッとする」「急に変な行動を始める」
などがあります。ほとんどは、遺伝には関係ありません。

最も驚かせるのが、熱もないのに突然けいれんを起こし、意識がなくなり、全身を硬直させ、手足をピクンピクンさせたり、
白目をむいたりするタイプです。発作は数十秒から数分続きます。また、手足だけがけいれんしたり、
ほんの数秒意識がなくなってボーッとするだけのタイプもあります。

てんかんの治療は、投薬が主になります。薬を飲まなくても、自然に治るケースもありますが、症状に合った薬を服用すれば、
発作を防いだり、進行を止めることができます。この場合、医師の指示を守り、長期にわたって薬を飲むことになります。

経過によっては、薬をやめられる場合もあります。ただ、かってに薬を中断すると重い発作を招くことがあるので、
必ず医師の指示を守ってください。

病院で受診する場合、どんな状況で発作を起こしたかを伝えることが必要です。診断には脳波検査を行います。
発作を起こした状況などをキチンと記録にとり、医師に伝えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 化学物質過敏症

      化学物質過敏症は、アレルギー疾患のひとつです。化学物質過敏症は、長期間大量の化学物質にふれ続けた…

    ピックアップ記事

    1. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    2. 炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病…
    3. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る