脳の神経細胞になんらかの理由で異常な興奮が起こり、それが脳のいろいろな部分に影響を与え、意識、知覚、
運動に異常が出るのがてんかんです。

生後4ヶ月~7ヶ月の赤ちゃんが起こすてんかんは「点頭てんかん」と呼ばれ、カクンと何回もうなずくような発作を起こします。
この場合はすぐ医師に診てもらいましょう。

いちばん大きな発作は「けいれん」です。そのほかに、「一瞬だけ意識を失う」「急にボーッとする」「急に変な行動を始める」
などがあります。ほとんどは、遺伝には関係ありません。

最も驚かせるのが、熱もないのに突然けいれんを起こし、意識がなくなり、全身を硬直させ、手足をピクンピクンさせたり、
白目をむいたりするタイプです。発作は数十秒から数分続きます。また、手足だけがけいれんしたり、
ほんの数秒意識がなくなってボーッとするだけのタイプもあります。

てんかんの治療は、投薬が主になります。薬を飲まなくても、自然に治るケースもありますが、症状に合った薬を服用すれば、
発作を防いだり、進行を止めることができます。この場合、医師の指示を守り、長期にわたって薬を飲むことになります。

経過によっては、薬をやめられる場合もあります。ただ、かってに薬を中断すると重い発作を招くことがあるので、
必ず医師の指示を守ってください。

病院で受診する場合、どんな状況で発作を起こしたかを伝えることが必要です。診断には脳波検査を行います。
発作を起こした状況などをキチンと記録にとり、医師に伝えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…
    2. 自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    3. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 胃が回転してねじれることにより、食べ物の通過がさまたげられた状態です。新生児では、授乳後、ゲップ…
    3. お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    ページ上部へ戻る