生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ脳の発達が未熟です。そのため、刺激によって脳が刺激され、痙攣(けいれん)をおこす事があります。
痙攣とは、意識の喪失を伴うものです。

赤ちゃんは、刺激に対して、痙攣のような反応をすることがあります。その代表はモロー反射です。刺激や音に反応して、
びくっとなって腕を抱え込むようなしぐさをします。

また、泣いたりしたときに口をわなわなと震わせたり、足と持つとカクカクするような反応(フットクローヌス)
が見られることもあります。これらはすべて赤ちゃんに共通してみられるもので、異常ではありません。脳が成熟するにつれて、
次第に目立たなくなり3~4ヶ月でなくなってしまいます。

また、生後6ヶ月過ぎの乳児でよく見られるものに、熱性痙攣(高熱にともない、意識がなく全身が痙攣する)があります。その他、
脳の病気などによる痙攣、外傷後や熱のない場合もあります。

経過や症状で区別することも大事ですが、熱性痙攣だと思っても、意識を失った場合には小児科を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ガングリオン

      手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオ…
    2. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る