生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ脳の発達が未熟です。そのため、刺激によって脳が刺激され、痙攣(けいれん)をおこす事があります。
痙攣とは、意識の喪失を伴うものです。

赤ちゃんは、刺激に対して、痙攣のような反応をすることがあります。その代表はモロー反射です。刺激や音に反応して、
びくっとなって腕を抱え込むようなしぐさをします。

また、泣いたりしたときに口をわなわなと震わせたり、足と持つとカクカクするような反応(フットクローヌス)
が見られることもあります。これらはすべて赤ちゃんに共通してみられるもので、異常ではありません。脳が成熟するにつれて、
次第に目立たなくなり3~4ヶ月でなくなってしまいます。

また、生後6ヶ月過ぎの乳児でよく見られるものに、熱性痙攣(高熱にともない、意識がなく全身が痙攣する)があります。その他、
脳の病気などによる痙攣、外傷後や熱のない場合もあります。

経過や症状で区別することも大事ですが、熱性痙攣だと思っても、意識を失った場合には小児科を受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 赤ちゃんと一緒に、出産後の体を戻すダイエットが人気です。産後の体は恐ろしい程に崩れています。 エス…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る