出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きることがあります。

お母さんのおなかの中から赤ちゃんが出てくるときに、産道で頭の骨の一部分が強くこすられてしまい、いわゆる内出血のような感じになり、こぶができることがあります。それが頭血腫です。100人に1人の割合で起こるそうです。

生まれてすぐはあまり目立たず、数日たってからぼっとふくらみ、触るとぶよぶよしています。大きさはさまざまで、2箇所にできる場合もあります。

同じような理由でできる産瘤が生後1日で消えるのに対し、頭血腫は2,3カ月かかることがあります。内出血は自然に治まり、その後血腫は自然に吸収されていきます。だんだんと小さくなって、5~6ヶ月には消えていきます。1歳ごろまで残る場合もあります。

出血とはいえ、脳に異常はありませんし、自然に治りますので、大丈夫です。とくに治療する必要はありません。

ただ、帽状腱膜下出血という、頭全体を覆ったこぶができる場合や、頭蓋内出血を伴うとき、血腫が大きくて黄疸が強くなったときは、治療が必要です。

血が止まりにくく、出血が大量な場合は輸血の処置が必要です。黄疸がひどい場合は、黄疸の治療が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    2. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …
    3. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る