出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きることがあります。

お母さんのおなかの中から赤ちゃんが出てくるときに、産道で頭の骨の一部分が強くこすられてしまい、いわゆる内出血のような感じになり、こぶができることがあります。それが頭血腫です。100人に1人の割合で起こるそうです。

生まれてすぐはあまり目立たず、数日たってからぼっとふくらみ、触るとぶよぶよしています。大きさはさまざまで、2箇所にできる場合もあります。

同じような理由でできる産瘤が生後1日で消えるのに対し、頭血腫は2,3カ月かかることがあります。内出血は自然に治まり、その後血腫は自然に吸収されていきます。だんだんと小さくなって、5~6ヶ月には消えていきます。1歳ごろまで残る場合もあります。

出血とはいえ、脳に異常はありませんし、自然に治りますので、大丈夫です。とくに治療する必要はありません。

ただ、帽状腱膜下出血という、頭全体を覆ったこぶができる場合や、頭蓋内出血を伴うとき、血腫が大きくて黄疸が強くなったときは、治療が必要です。

血が止まりにくく、出血が大量な場合は輸血の処置が必要です。黄疸がひどい場合は、黄疸の治療が行われます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…
    3. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…

    ピックアップ記事

    1. 単純疱疹が広い範囲に出現したもので、乳幼児に限らず、アトピー性皮膚炎の人に多発します。発熱、食欲…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 銅が体内の各臓器、とくに肝、腎、中枢神経系、角膜を中心に付着する病気です。3~15歳の小児期に肝…
    ページ上部へ戻る