斜頚とは、簡単にいえば、赤ちゃんの首が曲がってしまう状態を指します。頚椎などの奇形、先天性筋性斜頚、炎症によるもの、斜視が原因のもの、理由は様々です。男女の差はなく、初産児や逆後に多くみられるようです。

生後5日から1週間たったころに、首のつけ根に固いこぶのようなしこりができます。このしこりは、しだいに大きくなり生後3週間ほどで最大になります。大きさは、小指の先から親指の先くらいまでさまざまです。

大半は首の片側にできますが、まれに両方の場合もあります。胸鎖乳突筋という首の筋肉になんらかの先天性の原因があって起こるのではないかといわれています。

ほとんどが、6ヶ月~1年の間に90%以上が消えているので心配はありませんが、1歳ころに自然に治ったように見えても再発することがあります。赤ちゃんの首が曲がってるなと思ったら、早めに小児科の先生に相談して、検査を受けましょう。

家庭では、赤ちゃんの寝かせ方に注意しましょう。いつも同じ方向を見ないよう心がけ、寝癖をつけないようにすることが大切です。

以前は、首のしこりを取るためのマッサージもありましたが、マッサージをしたためにしこりや周辺の組織が傷つき、手術をすることになったケースがあり、マッサージはとめられているようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    2. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    3. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 停留睾丸とも言います。 赤ちゃんの陰嚢(おちんちんの根元についている袋)に精巣がないこ…
    3. O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    ページ上部へ戻る