炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病気です。

ある日突然、首が動かせなくなります。動かそうとすると、首や後頭部が痛みます。
首と頭のつなぎめの、脊椎の先端にある環椎(かんつい)と軸椎(じくつい)がうまく回旋しなくなったため、首が回りにくくなったものです。

口から入った菌が、頚部のリンパに及び炎症を起こし傾斜になることがあります。
かぜをひいて、リンパ腺がはれるときに起こることもありますが、原因がはっきりしないことも多い病気です。

数日間安静にすればなおります。症状が強いときは、入院も必要です。2~3週間、持続して首の牽引を行います。首の痛みが消え、自由に首が回せるようになり、斜頚が改善されてきたら、頚椎カラーを1週間ぐらい首にまきます。

一般的に予後は良好ですが、環軸椎回旋位固定によることもあるので、早めに十分な治療をすることが大切です。

斜頚の専門医は「整形外科」です。整形外科は、人間の運動機能をつかさどる骨や関節、筋肉の病気を見てくれる専門医です。

骨は人間のからだをしっかり支える柱となっています。その柱をしっかりサポートしながら体を動かすのが筋肉です。生まれつき骨や筋肉に病気があると、姿勢を保ったり、運動をすることに支障が出てくる場合があります。気になる症状がある場合は、早めに相談し、治療することが必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ひょうそ

      手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。…
    2. 色素性母斑

      色素性母斑は、黒あざ、ほくろとも言います。一般的に小さいものがほくろ、大きいものを黒あざと呼びま…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    2. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    3. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    ページ上部へ戻る