生まれつき赤ちゃんの胸のまん中が内側にへこんでいるのをロート胸といいます。へこみ方がそれほど激しくない場合は、
そのまま様子を見ていても心配ありません。

これは、胸の中央にある縦長の胸骨という骨が内側に曲がっているために起こります。男の子に多く、遺伝的な骨の異常といえます。
呼吸機能や心臓に影響が出ることはまれなので、あまり神経質になることはありません。

心臓や呼吸器に負担のかかることがはっきりしている場合には、手術をすることがあります。大体3~6歳の間におこなうのが一般的です。

これは、肋骨の位置がほぼ定まるが、今後の成長で骨の形が変わる可能性がある時期のためです。

従来の手術は、傷跡も大きく大掛かりなものでしたが、最近は内視鏡を利用して、小さい傷で目立たない手術法が普及してきました。
術後10日前後で退院が可能です。美容的な目的で手術を望む場合は、医師ともよく相談して慎重に決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 遺糞

      体に異常がないのに、4歳をすぎても大便をパンツの中にしたり、大便をしたまま歩くような状態です。便…
    3. 生命保険を考える

      新しい生命が生まれました。そしてお母さんであるあなた自身のことも見直してみましょう。 実は赤ちゃん…

    ピックアップ記事

    1. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    2. 疥癬虫(ヒゼンダニ)の感染で起こる皮膚病で、感染力が強く、人から人へ、また寝具を介してうつります…
    3. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    ページ上部へ戻る