生まれつき赤ちゃんの胸のまん中が内側にへこんでいるのをロート胸といいます。へこみ方がそれほど激しくない場合は、
そのまま様子を見ていても心配ありません。

これは、胸の中央にある縦長の胸骨という骨が内側に曲がっているために起こります。男の子に多く、遺伝的な骨の異常といえます。
呼吸機能や心臓に影響が出ることはまれなので、あまり神経質になることはありません。

心臓や呼吸器に負担のかかることがはっきりしている場合には、手術をすることがあります。大体3~6歳の間におこなうのが一般的です。

これは、肋骨の位置がほぼ定まるが、今後の成長で骨の形が変わる可能性がある時期のためです。

従来の手術は、傷跡も大きく大掛かりなものでしたが、最近は内視鏡を利用して、小さい傷で目立たない手術法が普及してきました。
術後10日前後で退院が可能です。美容的な目的で手術を望む場合は、医師ともよく相談して慎重に決めましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    2. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    3. 血液の凝固に関係するビタミンKが不足するため、出血が起こり、吐血や下血などの症状がみられるものを…
    ページ上部へ戻る