生後2~3か月の赤ちゃんの中には、反り返り(そりかえり)やすい赤ちゃんがいます。首や上体の後ろへのそり返りが強くて、
抱っこをしにくかったり、首が不安定だったりするのです。

3~4ヵ月検診で医師にも心配されることがありますが、ほとんどが心配のいらない「良性のそり返り」です。

赤ちゃんの首のコントロール機能は、首を前に曲げる機能より、後ろに伸ばす機能の方が先に発達していきます。首だけでなく、
上体も同じです。この、首や体の前と後の機能のアンバランスのために、2ヵ月から6ヵ月頃までは、不安定な姿勢の時や、
赤ちゃんが体に力を入れて何かしようとする時に、後ろの方の機能が優位に働き、後ろにそり返る結果となりやすいのです。

反り返りが強くても心配のいらない「良性のそり返り」なら、左右へのねじれが伴わず、リラックスした状態なら、
仰向けでねている姿勢で頭をまっすぐ(正中位)に保つことができます。

また、手を前に出したり、左右の手を同時に口へ運ぶことができたり、首の左右への立ち直り機能はよく働いて、眼の動きや表情・
手や足の動きの発達はよいなら、心配はないでしょう。

しかし、そり返りに首や肩のねじれが伴う時は注意が必要です。

3~4ヶ月以降:仰向けの姿勢で頭をまっすぐに(正中位)安定して保つことができない。

4~5ヶ月以降:首の左右への立ち直りが充分でない。

5~6ヶ月以降:リラックスした状態でも、腕を前に出したり、両手を前で合わせることができない。

赤ちゃんにそり返りがあって、このような状態も見られる時には、脳性麻痺に代表されるような中枢神経系、
いわゆる脳の問題が考えられますので、専門医に相談するのが良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 包茎

      亀頭(おちんちんの先)が包皮で包まれている状態。3歳に満たない赤ちゃんのほとんどがこれに当てはま…
    2. 点耳薬

      中耳炎などのときに、点耳薬を処方されることがあります。抗菌入りのものや抗炎症作用のあるものがあり…
    3. 貨幣状湿疹

      貨幣(コイン)のような丸い形をした湿疹で、子どもの場合は、四肢伸側や体幹、手背、足背など胴体に多…

    ピックアップ記事

    1. 出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きるこ…
    2. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    3. 処方される点眼薬には、抗菌薬入りのものや抗アレルギー薬が入っているものがあり、抗菌薬は、細菌性の…
    ページ上部へ戻る