スポンサードリンク

生後2~3か月の赤ちゃんの中には、反り返り(そりかえり)やすい赤ちゃんがいます。首や上体の後ろへのそり返りが強くて、
抱っこをしにくかったり、首が不安定だったりするのです。

3~4ヵ月検診で医師にも心配されることがありますが、ほとんどが心配のいらない「良性のそり返り」です。

赤ちゃんの首のコントロール機能は、首を前に曲げる機能より、後ろに伸ばす機能の方が先に発達していきます。首だけでなく、
上体も同じです。この、首や体の前と後の機能のアンバランスのために、2ヵ月から6ヵ月頃までは、不安定な姿勢の時や、
赤ちゃんが体に力を入れて何かしようとする時に、後ろの方の機能が優位に働き、後ろにそり返る結果となりやすいのです。

反り返りが強くても心配のいらない「良性のそり返り」なら、左右へのねじれが伴わず、リラックスした状態なら、
仰向けでねている姿勢で頭をまっすぐ(正中位)に保つことができます。

また、手を前に出したり、左右の手を同時に口へ運ぶことができたり、首の左右への立ち直り機能はよく働いて、眼の動きや表情・
手や足の動きの発達はよいなら、心配はないでしょう。

しかし、そり返りに首や肩のねじれが伴う時は注意が必要です。

3~4ヶ月以降:仰向けの姿勢で頭をまっすぐに(正中位)安定して保つことができない。

4~5ヶ月以降:首の左右への立ち直りが充分でない。

5~6ヶ月以降:リラックスした状態でも、腕を前に出したり、両手を前で合わせることができない。

赤ちゃんにそり返りがあって、このような状態も見られる時には、脳性麻痺に代表されるような中枢神経系、
いわゆる脳の問題が考えられますので、専門医に相談するのが良いでしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. AN001_L

      日本脳炎

      日本脳炎ウイルスに感染して脳に障害が起こる病気です。 豚が持つウイルスが、コガタアカイエカ…
    3. AN001_L

      昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      お母さんは目がいいと、何かと便利です。赤ちゃんがいるとコンタクトやめがねは何かと不便だということに誰…
    2. AN001_L
      生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. AN001_L
      骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    ページ上部へ戻る