頭囲が、乳幼児の成長曲線の上限より大きい場合を巨頭症といいます。

頭囲は、脳の発達とともに大きくなります。巨頭症の多くは、精神や運動の発達の障害やてんかんなどをともないます。

ただし、巨頭症には、家系的に頭が大きい場合があり、障害をともなわない場合も多くみられますので、必ずしも頭が大きいからといって、
すべての人が巨頭症であるかというと、それは違います。

代謝異常による神経細胞の肥大や増殖などを起こす神経皮膚症候群、脳のはれ、
脳に水がたまる硬膜下腔液体貯留などの疾患が原因になります。

精神や運動の発達障害については療育、てんかんに対しては薬物療法、
硬膜下腔液体貯留については髄液を腹腔などに導き出す外科手術など、それぞれの症状にたいして治療をおこないます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 回虫症

      回虫の卵がついた食べ物などから感染し、寄生する場所によって、肺炎や腸炎、胆道炎などを起こします。…
    2. ジフテリア

      ジフテリア菌が、のどや鼻の粘膜に感染して起こります。38度以上の高熱やのどの痛み、嘔吐などの症状…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. 骨髄に異常があるため、骨髄でつくられる血液細胞の造成が著しく低下し、赤血球、白血球、血小板がとも…
    3. 熱中症、下痢や嘔吐などで体の水分が大量に失われておこります。顔色が悪く元気がない、肌や口の中が乾…
    ページ上部へ戻る