カテゴリー:首と頭に出る症状

  • 頭血腫

    出産は、赤ちゃんが狭い産道を通って外の世界に出てきます。その課程で、さまざまなトラブルが起きることがあります。 お母さんのおなかの中から赤ちゃんが出てくるときに、産道で頭の骨の一部分が強くこすられてしまい、いわ…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 斜頚

    斜頚とは、簡単にいえば、赤ちゃんの首が曲がってしまう状態を指します。頚椎などの奇形、先天性筋性斜頚、炎症によるもの、斜視が原因のもの、理由は様々です。男女の差はなく、初産児や逆後に多くみられるようです。 生後5…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 炎症性斜頚

    炎症性斜頚とは、首が斜めを向いて動かなくなったものです。軽い症状なら数日で治ります。学童に多い病気です。 ある日突然、首が動かせなくなります。動かそうとすると、首や後頭部が痛みます。 首と頭のつなぎめの、脊椎…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 筋性斜頚

    何らかの理由で、首が曲がってしまう状態(斜頚)のうち、原因が、先天性(筋性、骨性)のものを指します。 なかでも最も多いのが、胸鎖乳突筋が短い為に起こるタイプです。新生児の0.08~1.9%、特に骨盤位で生まれた…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ロート胸

    生まれつき赤ちゃんの胸のまん中が内側にへこんでいるのをロート胸といいます。へこみ方がそれほど激しくない場合は、 そのまま様子を見ていても心配ありません。これは、胸の中央にある縦長の胸骨という骨が内側に曲がっているために…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 反り返り

    生後2~3か月の赤ちゃんの中には、反り返り(そりかえり)やすい赤ちゃんがいます。首や上体の後ろへのそり返りが強くて、 抱っこをしにくかったり、首が不安定だったりするのです。3~4ヵ月検診で医師にも心配されることがありま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 巨頭症

    頭囲が、乳幼児の成長曲線の上限より大きい場合を巨頭症といいます。頭囲は、脳の発達とともに大きくなります。巨頭症の多くは、精神や運動の発達の障害やてんかんなどをともないます。 ただし、巨頭症には、家系的に頭が大きい場合が…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. ボツリヌス菌

      日本での発症のほとんどは、「いずし」と呼ばれる保存食品が原因で起こっています。ほかにも、ハム、ソ…
    2. 網膜芽細胞腫

      目の奥にある網膜に発生するガンです。1万5,000人に1人の割合で起こり、ほとんどの場合、片目だ…
    3. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. あごの関節が痛んだり口があきにくくなって、本来の機能が阻害された状態。最近、こどもに増えています…
    3. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    ページ上部へ戻る