手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。おもに、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌などの感染が原因です。

赤ちゃんから大人まで、さまざまな年齢の人がなる症状ですが、赤ちゃんの場合、指しゃぶりをしている子に多いようです。いつも指が湿っている状態なので感染しやすいといえます。

手や足の爪のそばにできた小さい傷が痛み始め、しだいにはげしい痛みになります。わきの下や股のリンパ節がはれて痛むこともあります。爪全体や爪の生えぎわなどが赤くはれて、ときには膿んで、破れて中の膿みが出ることもあります。

消毒したあと、抗生物質の軟膏を塗り、痛みを軽減するためシップをします。痛みとはれが強い場合は、抗生物質を内服し、痛み止めを併用します。軽症なら、治療をはじめてから3~4日ほどで治ってきます。

重症になると、皮膚を切開し、膿を出さなければいけない場合もあります。つめの一部、または全部をはがさなければいけない場合もあります。そうなると、爪がもと道りに生えるまでには、2~3ヶ月かかってしまいます。

ひどくなると、歩くのさえ困難になります。早めに受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 神経芽細胞腫

      いわゆる小児癌のひとつです。交感神経の組織に発生しますので、交感神経があるところはどこでも可能性…
    2. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    3. コリック

      いわゆるたそがれ泣きのこと。3ヶ月ごろにピークを迎えるので、3ヶ月コリックとも言われます。 …

    ピックアップ記事

    1. 春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    2. 遺伝子の突然変異による病気で、見た目から小人症とも呼ばれます。受精前の段階で両親どちらからの遺伝…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る