手足の爪の下や周囲に細菌が感染して炎症を起こすもので、痛みがはげしく、リンパ節もはれて痛みます。おもに、黄色ブドウ球菌、連鎖球菌などの感染が原因です。

赤ちゃんから大人まで、さまざまな年齢の人がなる症状ですが、赤ちゃんの場合、指しゃぶりをしている子に多いようです。いつも指が湿っている状態なので感染しやすいといえます。

手や足の爪のそばにできた小さい傷が痛み始め、しだいにはげしい痛みになります。わきの下や股のリンパ節がはれて痛むこともあります。爪全体や爪の生えぎわなどが赤くはれて、ときには膿んで、破れて中の膿みが出ることもあります。

消毒したあと、抗生物質の軟膏を塗り、痛みを軽減するためシップをします。痛みとはれが強い場合は、抗生物質を内服し、痛み止めを併用します。軽症なら、治療をはじめてから3~4日ほどで治ってきます。

重症になると、皮膚を切開し、膿を出さなければいけない場合もあります。つめの一部、または全部をはがさなければいけない場合もあります。そうなると、爪がもと道りに生えるまでには、2~3ヶ月かかってしまいます。

ひどくなると、歩くのさえ困難になります。早めに受診しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 新生児低カルシウム血症

      赤ちゃんの血液中のカルシウムの量が少なくなる病気です。新生児テタニーとも呼ばれています。意識障害…
    2. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…
    3. 風邪(予防2)

      寒いからといって、暑すぎるのもよくありません。子供は体温が高い上に、新陳代謝が活発です。大人より…

    ピックアップ記事

    1. 遺伝子異常の病気です。特定の分泌腺に異常な分泌物が生成され、肺や消化管、組織、器官などが損傷を受…
    2. 生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. 新生児集中治療室(neonatal intensive care unit)。緊急な治療が必要な…
    ページ上部へ戻る