黄色ブドウ球菌、連鎖球菌、肺炎球菌、MRSAなどの細菌が、体のどこかで感染症を起こしていて、それが、血流にのって関節内に流れ込んだことで発症します。症状が長く続くと、骨にまで影響を与え破壊されてしまう場合もあります。治療の遅れが予後に関係するので、早めに受診する必要があります。

股関節などの関節に急激な痛みが生じ、患部ははれて赤くなり、熱をもちます。膝や肘、肩、股関節などに多くみられますが、体のどの関節にも起こります。

関節は痛みのために動かせません。寒気やふるえをともなうこともあります。へんとう炎や膀胱炎、あるいは重篤な病気である肺血症などからおこります。まれに化膿性骨髄炎から広がって、発症することがあります。赤ちゃんが、おむつ交換のときに痛がる場合は、患部を動かさないように注意が必要です。

関節液を抜いて化膿菌を検出して診断をつけます。化膿菌がわかれば、それにきく抗生物質を投与します。関節はギプスで固定して冷やします。また、膿みが多いときには、関節を切開したり、関節内を洗浄することもあります。

治療を遅らせてしまうと悪化し、さらに症状が悪くなってしまいます。なによりも、早期診断、早期治療が必要です。早く治療すれば、完全に治る病気といわれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. 斜位(潜伏斜視)

      斜視は目の機能に支障が出ていますが、眼の位置に異常はあるものの、目の機能は問題ない場合があります…
    2. 任意接種

      予防接種のうち、希望者だけが受ける日本脳炎、 おたふくかぜ、水ぼうそう、B型肝炎、インフルエンザ…
    3. 昆虫アレルギー

      ハチやカイコ、ガ、ユスリカ、チョウ、ゴキブリなどに刺され、アレルギー反応をおこします。ショックに…

    ピックアップ記事

    1. いわゆるエイズと呼ばれる病気は、性行為感染症の一種で、感染力が非常に強いのが特徴です。血液、精液…
    2. 強酸の薬品がかかると、熱傷と同じように皮膚がただれたような損傷をおいます。その際は、流水で十分に…
    3. 体内の結合組織の異常によって生じる、遺伝子異常による病気です。患者さんの約75%が親からの遺伝で…
    ページ上部へ戻る