AN001_L

スポンサードリンク

手や手首にゼラチン状の液がたまったコブのようなものができます。良性の軟部腫瘍で、これをガングリオンといいます。

関節を包んでいる関節包という組織や腱鞘が風船状に膨らんでできます。大きさはさまざまで、米粒大からピンポン玉の大きさになります。

手の甲や手首にできることの多いガングリオンは、小さいものはさわっても痛みはありません。しかし、圧迫されるような場所にできたガングリオンは、痛むことがあります。

ガングリオンの中身はゼラチン状の粘液物質です。関節などから分泌される液が濃縮されてたまるのではないかといわれますが、原因は不明です。

小さくて痛みがないものは放置してかまいません。自然に吸収されることがあります。しかし、再発を繰り返したり、大きなガングリオンは、注射器で粘液物質を吸引したり、手術をすることもあります。

ガングリオンのできる部位には、神経や血管の近くが多いので、手術は十分な注意が必要となります。

良性のものなので心配はいりません。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

アクセスランキング

最近のコメント

    あなたにおススメ記事

    1. AN001_L

      自宅で時給が高いお仕事

      赤ちゃんと一緒にいてもできる仕事があります。例えば、ライブチャットは自宅でできるお仕事です。 そし…
    2. AN001_L

      XXX症候群

      XXX症候群はトリプルX症候群とも呼びます。女性のみに見られる性染色体異常です。 妊娠初期に流…
    3. AN001_L

      乳製品に触ると赤くなる

      離乳食が進み、ヨーグルトや粉ミルクを混ぜるようになると、突然、赤ちゃんの口の周りや触った手が赤く…

    ピックアップ記事

    1. AN001_L
      O-157とは、病原性大腸菌の一種です。正式名称は、「腸管出血性大腸菌O157」と呼ばれたいます…
    2. AN001_L
      生まれたときから股関節が外れている病気です。本当の意味での先天性(奇形)は少なく、大部分が関節が…
    3. AN001_L
      春先から夏にかけて、腕や足に多くみられる皮膚のトラブルで、乳幼児に多発します。虫に刺されたような…
    ページ上部へ戻る